【大学受験の夏】高校生へ!受験生の夏にやるべきことの全て!

スポンサーリンク
【大学受験の夏】高校生へ!受験生の夏にやるべきことの全て!

予備校で講師&学習アドバイザーをしている冒険者です。冒険者ブログを運営を運営しています。

冒険者ブログ 変化を求めるあなたへ「冒険のススメ」
人生に変化をもたらすには冒険を!

冒険者ブログでは「幼児教育~大学受験」や「大人の学び」といった生涯にわたって学び続ける人生偏差値の高い人へ向けた記事を書いています。

今回は大学受験の受験生に贈る「受験生の夏にやるべき重要項目」について書いていきます。

夏は受験の天王山!自分のやるべき課題に集中できる、一番時間が取れるじきなんです!ですので、この時間が取れる夏に絶対にやるべきことをまとめました!

・夏って受験生はどのくらい勉強するの?
・夏の間にやるべき勉強は?
・進路は夏から決めても大丈夫?

このような受験生の悩みを解決していきます!

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

受験生の夏 やるべきこと

【大学受験の夏】高校生へ!受験生の夏にやるべきことの全て!

では早速ですが、受験生の夏にやるべきことを書いていきます。

受験生の夏にやるべきこと!
①勉強量の確保
②模試を受験して自己分析
③第一志望の過去問を解く

この3点です。

受験生の平均勉強時間

まず最初に大学受験における受験生の平均勉強時間について書いていきます。

高校3年生の夏の平均勉強時間

 上位中位下位
 3時間以下3.3%4.9%6.4%
 4時間1.6%2.7%4.5%
 5時間3.5%5.0%6.2%
 6時間5.3%6.4%9.9%
 7時間6.7%7.4%10.1%
 8時間13.8%17.1%17.4%
 9時間10.5%9.3%8.3%
10時間29.9%27.4%25.5%
11時間以上25.4%19.9%11.6%
河合塾より

という様に、実は受験生の半数以上が10時間以上やっていことがわかります。

もちろん内容は人それぞれでしょうが、平均的に10時間以上の自分の勉強時間を取ることで量を確保していることがわかります。

とにかく、量を確保する!これが最低限、夏にやることですね。

模擬試験の受験と振り返り

夏休みには模擬試験を受けてください。夏休みに実施される模試は河合塾の全統模試ですね。

難関大を目指す人ならオープン模試も受けましょう。

例年の流れだと、夏休み前に進研模試夏休み中に全統模試&オープン模試夏休み後に進研模試、という感じです。

夏休みにある全統模試は、マーク模試と記述模試があります。

マーク模試は8月上旬にあるので、すぐに自己採点をして、自己分析と振り返りをしてください。共通テストの傾向をつかみ、残った夏休み期間をどう過ごすかを決めつつ、計画を立て直しましょう。

記述模試は8月下旬にあります。記述模試は主に国公立大の2次試験対策になる模試です。マークと記述は特性が違う模試ですので、気をつけて分析をしてください。

第一志望の過去問を解く

夏休みには必ず第一志望校の過去問を解きましょう。

現在の自分の力で、志望校に対しどのくらい通用するのか?そして、秋以降にどのような対策をしなければならないか?過去の傾向をしって、効率的に勉強する計画とは?

このようなことを夏休みの間に考えておきましょう!そうすることで、秋以降の勉強の質がグンと上がります。

大学受験は情報戦です。戦略がカギです。戦略とは「戦いを略すこと」です。余計な時間を取られずに受験を成功させるには、秋からの具体的な戦略がポイントです。

ですから、夏休みの間に過去問を必ず1年分は解きましょう!

スポンサーリンク

受験生の夏 第一志望を決める

【大学受験の夏】高校生へ!受験生の夏にやるべきことの全て!

ではここからは進路選択について考えていきましょう。

具体的に進路を決めている人でも参考になると思います。というのは、夏の模試を受けると現実的な志望校との差を実感することになります。

つまり、そのまま第一志望校を目指し続けて間に合うのかどうかということも現実的にわかってくるのです。

ですから、志望校をもう一度考える夏、としても夏休みの時間を活用してもらいたいです。

大学受験 模試の判定とボーダーライン

大学受験の模試は合格の可能性を判定で出してくれます。

A判定~E判定まであり、その基準はC判定でボーダーラインということになっています。

つまり、C判定以上が出ると合格の可能性が50%以上になるということです。模試によって判定が微妙に異なることがありますし、模試の相性というのもあります。

ですから、色々な模試を受けて参考資料をしっかりと確保したいです。

では、夏の間に志望校に対してどれくらいの判定がほしいか!?それは・・・

ボーダーラインのC判定以上!

これが欲しいところです。

実際に過去に合格していった生徒たちのデータを見ても、夏の模試でC判定以上取った生徒のほとんどが第一志望校に合格しています。

大学の入試問題との相性

夏休みの間に第一志望校の過去問を解いてください、と書きました。

これは大学の入試問題との相性を測るため、ということにもつながります。上記の模試判定の話しでは「C判定以上欲しい」と書きましたが、実際は大学入試問題に適応していれば、どんな判定でもいいのです。

しょせん、模試は模試です。

D判定以下でも、その大学の入試問題と相性が良ければ合格する可能性は十分にあります。E判定からの逆転合格!というのも起きるのは、こういった原因があるからなのです。

夏の勉強に志望校対策を入れることで、その大学の問題と自分の相性を探ってください。もちろん、第一志望以外の過去問もできるだけ解いた方がいいですね。

この夏に、実際の大学入試に触れる機会をたくさん作っておくことで、秋以降の勉強に弾みをつけてください!

あ、共通テスト対策も忘れずにお願いしますね!

スポンサーリンク

受験生の夏 共通テスト対策

【大学受験の夏】高校生へ!受験生の夏にやるべきことの全て!

では、最後に共通テスト対策について書いていきます。

夏休みに必ずしたい共通テスト対策は「英数国」をキッチリと固めることです。この主要3科目が固めることができれば、未来は明るくなります。

ですので、夏前に受けた進研模試(マーク)、夏休みに受ける全統模試(マーク)を徹底的に分析して英数国の苦手分野をつぶしましょう!

「共通テスト対策」は別の記事で紹介しているので、ここでの詳細は省略します。ぜひ、英数国の共通テスト記事を熟読して、対策を考えてください。

共通テスト対策 英語

共通テスト対策 数学ⅠA&ⅡB

共通テスト対策 現代文&古文漢文

スポンサーリンク

受験生の夏 まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学受験に向けた受験生の夏の過ごし方、やるべきことをまとめてきました。夏の過ごし方を間違えると、二度とこのような自分に集中できる時間を確保できなくなります。

夏休みにすべきことは書いてきた通りシンプルです。あまりあれこれと考えすぎず、シンプルに「過去問」「模試分析」「共通テスト英数国」をやってください。

秋以降については出願戦略を考えていけば大丈夫です。出願戦略に関する記事も書いていますので、ぜひ参考にして下さい。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました