【共通テスト直前期対策】絶対やるべき総仕上げおすすめ問題集!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【共通テスト直前期対策】絶対やるべき総仕上げおすすめ問題集!

予備校で講師&学習アドバイザーをしている冒険者です。教育系ブロガーとして冒険者ブログを運営しています。

今回は共通テスト直前期にやるべき「総仕上げ問題集」について解説をしていきます。

共通テストについての記事は、これまでも様々な角度から解説をしてきましたが、国公立大学はもちろんのこと、私立大学でも共通テスト併用を導入している試験が多く、点数が取れないと話にならなくなります。

ですので、共通テスト対策は最も時間を割くべきなのです!

そこで今回は・・・

・共通テスト対策って、まず何をすればいいの?
・共通テストの傾向にあった問題集は?
・色々あるけど、どれがおススメなの?

こんな疑問や要望にお応えします!

受験生もそうですが、高校2年生以下の生徒も早いうちから共通テストの問題に慣れておくのは非常に有効です!

それでは、さっそくいってみましょう!

スポンサーリンク

【共通テスト直前対策】総仕上げおすすめ問題集!

【共通テスト直前対策】総仕上げおすすめ問題集!

それでは、共通テスト直前対策のおすすめの問題集について詳細を解説していきます。

そのおすすめの問題集を先にまとめます!

共通テスト直前対策 おすすめ問題集
①赤本で有名な「共通テスト問題研究」
②河合塾の「共通テスト攻略レビュー」
③チャート式の「緑チャート式共通テストシリーズ」
④面白いほど点数が取れる「共通テスト対策」
⑤共通テスト「パック」シリーズ

この5つについて解説をしていきます。これだ!と思う問題集をクリックして、のぞいてみてください。

共通テスト問題研究 赤本

まずは、大学入試の過去問で有名な「赤本」から、共通テスト問題研究の紹介です。

過去問で有名な赤本が出版する共通テスト問題研究シリーズ。本自体が分厚いのでも有名ですね。

とにかく赤本は過去問を分析するノウハウが揃っているため、徹底した研究をしている。そして、赤本独自のオリジナル問題を1回分作成してあるのも、魅力的。

センター試験の過去問も載せてあるので、演習量に不足はありません!

共通テスト問題研究の「メリット」
①オリジナル問題が1回分ついている
②20年分程度のセンター試験の過去問があるため演習量が確保できる

共通テスト問題研究の「デメリット」
①分厚過ぎて、全部やりきれるには時間がかかる
②過去問を20年分載せているので、傾向が共通テストからかけ離れる

※関連記事
>>【高校英語の参考書】厳選した単語・文法・読解の最強の1冊!

共通テスト攻略レビュー 河合出版

続いては大手予備校の河合塾から「共通テスト攻略レビュー」の紹介です。

河合出版の大学入学共通テスト攻略レビューは、共通テストの傾向と対策を河合塾が分析。そして、試行調査の問題を掲載し、演習問題としてセンター試験の過去問を10年分程度用意されています!

分析力なら河合塾!と言われるほど、緻密な分析が記載されています。

ぜひ共通テスト直前期に、演習問題用として徹底的にやり込んでください!

河合出版の大学入学共通テスト攻略レビュー「メリット」
①分析力に定評のある河合塾の傾向と対策が知れる!
②試行調査の問題に加え、センター試験の過去問が10年程度記載!

河合出版の大学入学共通テスト攻略レビュー「デメリット」
①オリジナルの問題がない
②共通テストへの慣れとしての演習が不足する

共通テスト対策 緑チャート式問題集

そして、チャート式問題集です。共通テスト対策は緑色です!

数学のチャート式はかなり有名ですね。白色、黄色、青色、赤色、そして緑色。難易度によって、これだけの問題集を作成している数研出版は、まさに受験生にとっては神の存在。

緑チャートはセンター試験、共通テストに対して演習量を確保できる問題集になっていて、質&量ともに安定している。

残念なのは「理系科目しかない!」ということですかね。

緑チャート式問題集シリーズ「メリット」
①とにかく圧倒的な問題数を持っている!
②オリジナル問題が豊富で、予想問題に適している

緑チャート式問題集シリーズ「デメリット」
①理系科目しかない!英語や国語ができない!

※関連記事
>>【古文漢文】大学受験古典のおすすめ問題集!予備校講師が厳選!

点数が面白いほどとれる本 共通テスト

次に点数が面白いほど取れる本シリーズです。

アニメ系の黄色い表紙で有名な角川出版の「点数が面白いほどとれる本」シリーズです。

これは駿台予備校、河合塾、東進、代々木ゼミナールなどなどの、凄まじい講師たちが手掛ける共通テスト攻略の問題集です。

とにかく各予備校の著名な講師が監修に入っているため、圧倒的な信頼があります。これまで紹介した共通テスト対策とは、ちょっと変わっているかもしれませんね。

点数が面白いほどとれる本「メリット」
①各予備校の有名な講師が監修しているので信頼度抜群
②共通テストについての各科目の対策が、本当にわかりやすい

点数が面白いほどとれる本「デメリット」
①問題演習量が、他と比べると少ない
②別な問題集で演習をしていかなければ、これ1冊では足りない

※関連記事
>>【大学受験直前】冬に絶対やるべき勉強法・対策・準備・過ごし方!

共通テスト パッケージ予想問題集

そして最後に、共通テストの実践問題パッケージです。

駿台予備校の共通テスト実践パッケージ「完全オリジナル実践問題」

駿台予備校の共通テストの予想問題、とも言うべき完全オリジナル実践問題です。

英語、数学ⅠAⅡB、国語、物理、化学、生物、地歴、公民と、地学以外の科目を全て予想して作成した新入試対応のパッケージです。

これは「最後にもう1回、模擬試験を解いてみたい!」という方には、絶対におすすめしています。というか、共通テストを受ける高校生は全員やった方が良いですよ!

タイムトレーニングにもなり、問題傾向や対策方法を知ることもできる、本番さながらの実践演習ができますので!

河合塾シリーズの共通テスト対策問題パック

こちらは河合出版の共通テスト対策問題パックです。駿台とほぼ同じで、共通テストの予想問題になります。

ここでワンポイントアドバイス!

・共通テストパックをやる時は・・・
共通テストの時間割と全く同じ時間帯で予想問題を解いてみよう!

ぜひ、当日と同じ時間やってみてください。

スポンサーリンク

【共通テスト直前対策】絶対やるべき総仕上げ問題集 まとめ

【共通テスト直前対策】絶対やるべき総仕上げ問題集 まとめ

いかがでしたでしょうか?

共通テスト直前の時期に、やるべき問題集について解説してきました。

共通テストは大学受験のスタートの試験で、国公立志願者も私立大志願者も、共通テストを利用する大学が増えているため、失敗できません。

共通テストで良いスタートが切れると、その後の私立個別試験や国公立2次試験に対しても良い影響があります。

どれだけ対策しても不足はないので、今回紹介した問題集で徹底的に総仕上げをやってください!

あなたの受験が成功するように、心よりお祈り申し上げます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

合わせて読みたい記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました