【大学入試】共通テスト模試と記述模試を分けて考える!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
大学入試の模試の分析。マーク模試と記述模試の違いを解説。

高校生が受けるマーク模試や記述模試について、その違いについて深く考えたことはありますか?

もし、ちゃんと考えていたのであれば、あなたは偏差値が高いはずです。

なぜなら、マーク模試に向けた勉強と記述模試に向けた勉強を区別して「どう勉強すれば志望校の判定を上げられるか」を考えている証拠だからです。

大学入試において模擬試験は、現在地と目的地の差を知るための、絶対的な自己分析ツールになり得ることを知っているからです。

多くの高校生が模擬試験の結果を一喜一憂して、しっかりと分析しようとしていません!

ましてや、マーク模試と記述模試をどのように分析して今後の勉強に生かしていくかを考えられる高校生は少ないです。

そこで今回は・・・

・マーク模試と記述模試の違い
・マーク模試の特徴
・記述模試の特徴

これらについて解説をしていきます。

今回の記事は、僕の大手予備校の知識がふんだんに使われているので、絶対に知っていて損はない知識ばかりです。

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

大学入試 模擬試験の特徴

大学入試の模試試験とは

まずは、大学入試における模擬試験の位置づけについて書いていきます。

大学入試は高校入試と違い、全国の同学年の生徒たちが点数を争うようになっています。大学入試は学力における全国大会とよく言われているのはそのためです。

そこで、大学入試において全国の高校生の中で、自分の力が一体どのくらいの位置にいるのかを試せるのが模擬試験なのです。

ですから、常に自分の立ち位置を知り目標との差を見極めたいのであれば、毎回の模擬試験はしっかりと受験すべきです。

そこで、2種類の模試について見ていきたいと思います。

マーク模試の特徴

高校2年生の冬くらいに、初めて行われるのがマーク模試です。

高1と高2の秋ごろまでは、どの模試を受けていも記述模試になっていて、全体的に文章を書いて答える設問が多いはずです。

でもマーク模試は「全問選択問題」ですので、それまで受けていた模試とは明らかに種類が違った問題形式になります。

マーク模試の特徴
・全問選択問題
・設問が選択なので間違い探しをする必要がある
・時間が足りないことが多い
・勘でやってもあたるため、実際の偏差値より高くなることがある

これがマーク模試の特徴です。マーク模試は「大学入学共通テストの予行演習」ですので、国公立を狙っている高校生はここで点数が取れないと、受験することすらできないくなるので、万全の対策をとりましょう!

記述模試の特徴

では記述模試を解説していきます。

記述模試とは「国公立の2次試験」「私大の個別試験」に近い形式で出題されます。

例えば英語で言ったら「和訳・要約・空所補充・説明問題」など、記号を選ぶのではなく記述する問題が多いのが特徴です。

マーク模試はスピードを要求されるのに対して、記述模試はじっくりと考えて解いていく思考力が要求されます。

問いが進むと難解な問題が多く、一般的にマーク模試より点数が下がります。でも、偏差値で表されるので、点数が悪くても落ち込まないようにしましょう!

記述模試の特徴
・1問1問に対する時間は十分とれる
・マーク模試より高度な学力が必要となる
・マーク模試より難しいため、平均点は全般的に低い

これが記述模試の特徴です。

スポンサーリンク

大学入試 模試の自己分析

大学入試の模試の自己分析

続いては模試の自己分析について解説していきます。

マーク模試の自己分析

マーク模試は共通テスト用なので、国公立大を狙うのであれば最優先で自己分析をして得点率をどう上げるかを考えていかなければなりません。

つまり900点満点のうち、自分が目指す大学に向けて「どの科目を」「いつまでに」「どのくらいの得点を取れるように」勉強するかを考えていくべきです。

優先すべきは英語、数学、国語です。なぜなら、成果が出にくく対策期間を十分にとらなければ間に合わない可能性があるからです。

理系の場合はこれに「化学、物理、生物」の勉強をどう組み込むかを考えなくてはなりません。一般に「理科社会は暗記だから最後やれば伸びる」と思われがちですが、理科はそうはいかないですね。

計画をしっかりと立てて、本番までに間に合う対策を考えてください。

記述模試の自己分析

記述模試は国公立2次試験などで使われる科目を基本的には受けます。

例えば医学部なら「英語、数学Ⅲ、物理、化学」みたいな感じですね。受験戦略において使用科目の選定は絶対に必要です!

全科目満遍なく勉強するのは絶対にやめましょう。

記述模試で受ける科目は大学受験(国公立や私大入試)で必ず使用する科目となります。

当たり前ですが、2次試験で使う科目ということは「得意・得点源」になっていないとまずいですよね。

ですから、記述模試の分析はよりその科目を深く追及するような分析が必要となります。

詳しい模擬試験の分析の仕方は以下の記事に詳細を書いていますので、必ず参考にしてください!

スポンサーリンク

マーク模試と記述模試のドッキング判定

マーク模試と記述模試のドッキング判定

最後にマーク模試と記述模試のドッキング判定について解説します。

マーク模試と記述模試を受けると、国公立大学のドッキング判定が出ます。つまり、「共通テストでの得点率」と「国公立大の2次試験」の総合的な判定がでるのですね。

マーク模試だけだと共通テストだけでの判定しかわかりませんし、記述模試だけだと2次試験の結果しかわからないので、ドッキング判定は超重要!ということになります。

ですから、模試ごとに志望校を変えて書くのはよくありません。

模試を受けるときには「統一した志望校を書く」ということを意識してください。国公立の志望校を3から5校と私大4~5校という感じで書くのが良いでしょう。

模試は3年生にもなると毎月実施、しかも高3の秋は4週間連続模試というスケジュールでやります。

ドッキング判定を意識して、マーク模試と記述模試を分けた勉強をしっかりと行ってください!

スポンサーリンク

大学入試 模試のまとめ

いかがでしたでしょうか?

マーク模試と記述模試の特徴をまとめて、分けて考えていくことを解説してきました。

最後にもう一つだけ意識してもらいたいことをお伝えします。

模試の重要度!
マーク模試記述模試

つまり、絶対的にマーク模試の方が重要です!

理由は共通テストで失敗したら国公立は絶望的ですし、私立大学のほとんどが記号問題のマーク問題だからです。

ですから、割合としてはマーク模試中心に勉強を進めたら、大学入試においては勝てる可能性が非常に大きくなります!

僕の予備校でも、マーク模試と記述模試をどうとらえたらいいのかわからない生徒も多かったので、高校生や高校生の子供を持つ保護者の方に少しでも参考になっていただけたら嬉しいです。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

合わせて読みたい記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました