スポンサーリンク

【大学受験】共通テスト世界史を短期間で9割取る勉強法&参考書!

高校生
【大学受験】共通テスト世界史を短期間で9割取る勉強法&参考書!

予備校で講師&学習アドバイザーをしている冒険者です。教育系ブロガーとして冒険者ブログを運営しています。

冒険者
冒険者

講師歴15年以上、小学生から大学受験まで幅広く指導!延べ10000人以上の親や生徒を指導した経験から、教育関連の有益な情報を発信中です!

今回は「大学受験!共通テスト世界史を短期間で9割取る勉強法&参考書!」について解説していきます。

文系で世界史を選択している人、理系でも世界史が好きで選択している人、短期間で共通テストで9割を取れたら合格がグッと近づきますよね!

社会科の科目は、受験科目の中でも最も最速最短で点数を伸ばすことが可能なのです!

今回の内容は・・・

・共通テスト世界史を9割取りたい!
・どんな勉強が世界史には効果的なの?
・おすすめの参考書や問題集を知りたい!

こんな疑問や要望にお応えします!この記事を最後まで読めば、共通テスト世界史を9割取れる勉強法と参考書が知れます!あとは実践あるのみです。

それではさっそくいってみましょう!

スポンサーリンク

【大学受験】共通テスト世界史を短期間で9割取るための勉強法!

【大学受験】共通テスト世界史を短期間で9割取るための勉強法!

では「大学受験!共通テスト世界史を短期間で9割取るための勉強法!」について解説していきます。

早速ですがその勉強法をまとめます!

【共通テスト世界史で9割取る勉強法】
・世界史は広く薄く浅く!
・通史の基本は早く終わらせろ!
・流れは地域ごと!年号も入れろ!
・最速で伸ばしたい人は授業を受けろ!
・文化史は最後にやるべし!

この5つです!共通テスト世界史で9割を目指したければ、この5つは絶対に覚えておきたいことです!

それでは1つ1つ詳しく見ていきましょう!

世界史は広く薄く浅く!

まず始めに「世界史は広く薄く浅く!」についてです。

世界史は日本史と違って、深く知らなくても良いことが多いです。世界史は世界中の国々の歴史を習うため、出題範囲が広いのが特徴です。

ですから、最初からあまり深い知識を身につけようとしない勉強法で十分なのです。

冒険者
冒険者

教科書や資料集の細かい知識は、一旦おいておき、まずは重要語句に集中しておくことが大切なんだ!

完璧は目指さず、でも、しっかりと基本的な用語を頭に入れるような意識をしっかりと持って勉強しよう!

通史の基本を早く終わらせろ!

次に「通史の基本を早く終わらせろ!」ということです。

共通テスト世界史は前近代(フランス革命前)も、近現代(フランス革命後)も満遍なく出題されます。つまり、一通りの流れを早く終わらせなければ、共テ対策に入れない!ということです。

先ほども世界史は広く薄く浅く、という話もしたので、独学でも良いので通史を早めにやっておきましょう!

冒険者
冒険者

世界史は通史を一周するまでがキツイ!夏までに通史を終えれば、そこからは共テ対策をバンバンできるので、あとは楽です。

ここで注意点!

文化史はここでは置いておこう。文化史は通史とは別ものです。基本的な流れ、重要語句で「習っていない」という状態から早く抜け出そう、ということです。

流れは地域ごと!年号も入れろ!

そして共テ世界史で9割を取る勉強法の3つ目は「流れは地域ごと!年号も入れろ!」です。

日本史は国が1つなので、流れ自体は難しくないのですが、世界史はそうはいきません。

古代エジプトや中国史、中世のヨーロッパや東南アジア、やがてはアメリカなど、地域ごとにその歴史を学びますね。

それをいきなり横展開して「ヨーロッパがこの時は、中国の王朝は…」などをやっている人がいますが、違います!

冒険者
冒険者

地域ごとに流れを勉強しよう!中国史なら中国のことだけをしっかりと見れば良いです!

その際に「年号も覚えていく」という勉強も忘れずに。ただ、キッチリと全ての年号を入れるわけではなく、重要な出来事の年号は絶対に暗記する!というスタンスで十分。

年号が通史の全て入れば、自動的に「横展開」ができるようになっていくのです!

最速で伸ばしたい人は授業を受けろ!

いよいよ4つ目ですが「最速で伸ばしたい人は授業を受けろ!」という勉強法です。

なぜ授業なのか?というと、独学の3倍効率的だからです。誰かに教えれて習得することと、独学で自力で習得する期間には3倍の差があるのです。

冒険者
冒険者

今の時代、オンライン塾が当たり前。効率的に世界史を習得するには、授業を受けるのが一番手っ取り早い!

僕も予備校でオンライン授業をやっていますが、自分の利益など一切抜きにして「超絶おすすめのオンライン映像授業」はスタディサプリですね。

正直、これだけのクオリティであの安さで提供されると、何にも言えなくなりますね。

一応リンクを貼っておきますので、興味のある方は14日間の無料でもやってみてください。

※14日間の無料お試しできます。
>>【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

文化史は最後にやるべし!

そして共テ世界史で9割を取る最後の勉強法は「文化史は最後にやるべし!」ということです。

共通テスト世界史は文化史は3問程度しか出ません。よって、出題されてミスしたとしても、他が全てできていれば9割取れます!

ただ、全くやらないのも怖いので優先順位は一番最後で、文化史をやることをおすすめします。

冒険者
冒険者

文化史はあまりこだわらなくてOK。覚えていく、というより、知っておく、程度の勉強で十分ですよ!

共通テスト世界史は、形式が非常に特殊です。ただ、センター試験と出題の傾向は変わっていないです。

ですから、ここで紹介した5つの勉強法を取り入れつつ、センター試験の過去問に早めに着手して仕上げていきましょう!

※共テ現代文を安定させる!
>>【共通テスト現代文】安定しないのは理由と対策

スポンサーリンク

【大学受験】共通テスト世界史を短期間で9割取るための参考書!

【大学受験】共通テスト世界史を短期間で9割取るための参考書!

では続いては「大学受験!共通テスト世界史を短期間で9割取るための参考書!」について書いていきます。

世界史は独学でもいける教科なので、参考書は重要です。また、共テ世界史で9割を取るためには徹底的な演習が必要です!

共通テスト世界史で9割取るための参考書
・流れをつかむ編
・語句暗記、一問一答編
・共通テスト対策編
・記述、論述編

こんな感じで、おすすめをまとめましたので、1つ1つ詳しく紹介していきます!

流れをつかむ編

それでは最初に「流れをつかむ編」から見ていきましょう!

世界史は流れを通史で行い、早い段階で一周することが大切です。そのためには、わかりやすく説明している参考書が何よりも大切です!

全4巻の実況中継シリーズ!メッチャわかりやすい!

日本史でもおなじみの実況中継世界史Bです。これは、本当にわかりやすい言葉で広く薄く浅く説明している参考書です。

つまり、この実況中継4冊さえあれば通史を一気に流れをつかむことができるよ!ってことなんですね。ぜひ、参考にしてみてください。

語句暗記・一問一答編

続いては「語句暗記・一問一答編」です。

世界史はインプットが重要。そのため重要語句を覚えて、語句をテストしていくことは、インプットするうえでは必ずやってほしい勉強法。

そこで活躍する参考書を紹介します。

山川出版の一問一答!わからない用語を調べる辞書として有効!

教科書と同じ「山川出版」の一問一答がおすすめ!

この本に書かれていないことは入試にでない!というくらいの代物で、辞書代わりにも使えます。

流れをつかみ重要語句を入れていく勉強をするのに最適な参考書ですよ!

共通テスト対策編

そして「共通テスト対策編」の紹介をします。

演習量なら赤本が圧倒的!

やはり共通テスト対策は「赤本」に限ります。

傾向と対策の分析はかなり緻密です。そして、センター試験の過去問を10年以上解けるのも赤本の魅力ですね。

共通テスト対策ベストセラーのきめるシリーズ!

そして、もう一つ紹介したいのが「きめるシリーズ」の世界史です。これがベストセラーになっていて、人気が出ている参考書。

共通テストに出やすいものを、丁寧に解説してあります。問題集というよりかは参考書ですので、共通テストに向けて基礎をしっかり学びたい人は、コチラも良いですよ!

記述・論述編

最後は「記述・論述編」です。

共通テストには論述は出ませんので、番外編という感じ。国公立大の2次試験で世界史を使う人以外は、飛ばしてOK!

で、おすすめしたいのは「河合塾シリーズ」の世界史論述。

分析力に定評のある河合塾の世界史論述!

河合塾シリーズの問題集や参考書は、とにかく解説が丁寧でわかりやすい。そして、豊富な演習量を備えているので、とにかく受験の強い味方になります。

この世界史論述も、論述が苦手な人から始められるように段階的に文字数を増やしてあります。

ぜひ、難関私大・難関国公立を目指す世界史受験者は持っておきたい1冊ですので、ご覧になってください。

スポンサーリンク

【大学受験】共通テスト世界史を短期間で9割取る勉強法&参考書! まとめ

【大学受験】共通テスト世界史を短期間で9割取る勉強法&参考書! まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「大学受験!共通テスト世界史を短期間で9割取る勉強法&参考書!」ということをまとめてきました。

共通テスト世界史は集中的に勉強すれば、かなりの成果が見込めます。そして、確実に点数につながるのです。

ですから、ここで紹介した勉強法と参考書で、しっかりと「流れと語句、共通テスト演習」を行い、志望校合格へ近づいて欲しいですね!

最後にもう一度、勉強法と参考書をまとめます!

【共通テスト世界史で9割取る勉強法】
・世界史は広く薄く浅く!
・通史の基本は早く終わらせろ!
・流れは地域ごと!年号も入れろ!
・最速で伸ばしたい人は授業を受けろ!
・文化史は最後にやるべし!

「流れをつかむ」実況中継

「重要語句・一問一答」山川出版

「共通テスト世界史演習」赤本

「共通テスト世界史の参考書」きめるシリーズ

「記述・論述対策」河合出版

最後までお読みいただきありがとうございました。他にも色々な大学受験の有益な情報記事を書いていますので、リンク先の記事で興味があれば、ぜひご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました