【自分を変える最強のメソッド】セルフコーチングの効果なやり方!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【自分を変える最強のメソッド】セルフコーチングの効果なやり方!

予備校で講師&学習アドバイザーをしている冒険者です。

今回は「仕事」「勉強」「目標達成」「人生を豊かにする」「学び」に役立つセルフコーチングについて解説していきます。

セルフコーチングというのは、世の中に浸透してきている用語でビジネスの世界ではコーチングによる業績改善や個人のスキルアップが可能になっています。

セルフコーチングは自分を変える最強のメソッドです!

セルフコーチングができるようになれば世界が変わっていきます。目標達成のスピードや、達成の可能性を高め、日々が充実するようになれるはず。

受験生やビジネスマン、視覚の勉強などをしている方にとってはかなり有益な情報になっています。

では、今回は・・・

・そもそもコーチングって何?
・セルフコーチングってどんな効果がある?
・セルフコーチングのやり方はどうすればいい?

こんな記事になっています。

このコーチングについては、実際に僕自身が予備校で生徒指導に活用している方法で、授業で教えることに加えて、コーチングも併用しています。

学習面談ではコーチングのやり方に従い生徒と対話し、それを繰り返すことで生徒自身がセルフコーチングを覚えていくのです。

僕の経験から効果を実感していますので、すごくオススメのやり方です!

ビジネスや自分の成長にも役に立ちますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

セルフコーチングとは?

セルフコーチングとは?やり方

セルフコーチングというのは、二つの言葉からで成り立っています。

セルフ=自分自身
コーチング=目的へ導く、好ましい状態へ向かうことを助ける

このように分解できますね。

つまり、セルフコーチングとは「自分で自分自身を指導し、目的であるゴールに向かっていく」ことになります。

コーチングを学ぶ意味

まず始めに、コーチングについて解説していきます。

ただ、コーチングについての解説は、深く追求すればするほど奥が深いので簡単に説明します。

コーチングとは・・・
最も欲しいゴールを明確にし、自分一人では絶対にたどり着くことのできないであろう速さでゴールに向かうのを助けること。

これをコーチングと言います。

コーチングを学ぶ意味は「目標到達へ向けて最速最短で向かうことのできる最強のツール」ということになりますね。

コーチングのメリット

コーチングを行うことで得られるメリットがたくさんあります。

それをまとめると・・・

・成功への加速 ・人生の充実 ・人生の方向性が決まる ・0→1を生む ・現状の打破 ・パフォーマンス向上 ・影響力の向上 ・人材育成 ・ビジネス力の向上 ・コミュニケーション能力の向上 ・自己肯定感を上げる

これだけのことがコーチングによって得られるのです!

ちなみに、コーチングの対義語としてティーチングが挙げられますが、ティーチングは文字通り「教えること」です。

ティーチングは相手の持っている答えを教わることです。しかし、コーチングは「答えは常に自分自身の中にある」ということを基本としています。

つまり、自分自身の気づきにより向上していくのがコーチングです。ティーチングとは比較にならないほどのスピードで成果を上げることができます。

ですからコーチングを生かした方が、結果に大きな影響を与えられることになりますね。

僕は大学受験の勉強はとても全部を教え切るのは難しいと思っています。ですから、コーチングを取り入れて学習の成果を上げていっているのです!

スポンサーリンク

セルフコーチングの効果

セルフコーチングの効果

では、コーチングについてある程度理解できたところで、セルフコーチングについての解説をしていきます。

まず、セルフコーチングの効果からです。

自分ひとりでコーチングできる

通常であればコーチングは、対人で行いますので自分と相手が必要です。

でも、セルフコーチング自分自身が自分のコーチとなり、目標達成に向けてモチベーションを高められます

ですから、どんな時でもどんな場所でも、周りの意見に左右されることなく自分と向き合い、自分に必要なことに集中できるようになります。

つまり、自分自身をコントロールし、自分で自己成長ができることになるのです。

新しい行動のアップデートができる

コーチングというのは、自分自身に向き合って行動を考えていくので、一つ一つの行動をしっかりと振り返ることができます。

そのため、自分が取った行動に疑問を持ち、仮説を立て検証していくことができるようになります。

つまり、新しい行動を生みやすくなり、どんどん自分の思考と行動をアップデートしていけるようになるのです!

古い体質や考え方、これまでとは違うこれから、もっとこうしたら良くなるのでは、という考えが日常になるので、行動を変えていけるわけですね。

ですから、セルフコーチングは自分を変える最強のメソッドということになります。

毎日の行動が明確になる

セルフコーチングをすることで、毎日が目標に向かう行動や自分にとって好ましい状況になるような行動を取ることが優先的になっていきます。

そのため、毎日の行動が明確になりやることをしっかりと絞って行動をすることができるようになります。

「明日はこれをやる」「ここに向けて、今ここだから、ペースを上げる」「期限までに時間があるから、少し休む」ということが、行動の明確化です。

集中力を持続する効果もあります。

充実した日々を送ることができるようになるでしょう!

僕の教え子たちも「今日は何をする」というのを、生徒自身が明確に決めています。そういう計画性を持てることが大切ですね。

集中力を高める・引き出す・維持させる方法をもっと詳しく紹介!

スポンサーリンク

セルフコーチングのやり方

セルフコーチングのやり方。集中力も高める。

では、いよいよセルフコーチングのやり方を解説していきます。

いきなりですが、結論から書きます。

セルフコーチングのやり方
①現状の確認(今の自分を自己分析)
②ゴールの具体化(なぜ達成したいのか)
③課題の明確化
④新しい行動の検討
⑤必要なリソースの明確化
⑥ゴールまでの行動計画の作成

この流れが、セルフコーチングのやり方になります。

セルフコーチングは「自分への問いかけ」によって行えます。頭の中で処理するのは難しいので、セルフコーチングをやる場合は紙に書き出してみることをオススメします。

現状の確認

まず、現状の分析をしましょう。つまり自己分析です。自分に対する問いかけをしてください。

例えばどんな問いかけがあるのかを以下にまとめました。自分自身に問いかけてみて下さい。

自分自身への問いかけ
・自分の思考の整理はできているか
・何をして、何をしない方がいいか
・今の感情はどうか
・取り組んでいる内容や成果はどうか
・抱えている課題は明確か
・成果を妨げていることはあるか、それは何か
・環境はどうか
・人間関係はどうか
・価値観の変化はあるか、それはどんな価値観か
・限界や制限があるか、それは何か

いかがでしょうか?これだけの問いかけを自分に投げかけ、現状を分析してみて下さい。

自己分析がしっかりできると現在地がわかります。現在地がわかるとゴールまでの距離や道のりがわかりますよね。

この最初の作業がとても重要なので、自分への問いかけをしっかりと行って下さい。

ゴールの具体化

では次にゴールの具体化についてみていきましょう。

ゴールとは目標です。目標と言うのは「なりたい自分」ですね。それを具体的にすればするほど、今後のすべきことが明確になります。

では、ゴールを明確にするためには、どのような問いかけがあるのでしょうか?

ゴールを明確にするために
・欲しい結果は何か
・望ましい状態とはどのようなものか
・最高の結果を手にした未来はどんなものか
・ゴール達成の目的は何か
・ゴール達成で得られるものは何か
・なぜ、そのゴールを達成したいのか
・ゴール達成で大切なことは何か
・ゴール達成で周りの反応はどうか
・ゴール達成で周囲へのマイナスは何か

このような問いかけに具体的に答えてみましょう。そうすることで、目標が明確になりますね。これで、現在地と目的地が正確なものになりました。

そうすれば、あとはどういう道を進むかを考えるだけで済みます。

ここまでできたら、セルフコーチングの大半を終えたことになります。

補足ですが「なぜ、そのゴールを達成したいのか」という問いかけは人を突き動かす原動力になりますので、ここを具体的にしてください。

課題の明確化

では、現在地と目的地が明確になったので、道のりを見ていくことにしましょう!

ゴールまで行くためには、どんな課題が想像できますか。それを明確にしましょう。

課題を明確にすることで…
・必要な行動が明確になる
・押さえるべきポイントが明確になる
・成果を妨げる要因が明確になる

こういったメリットがあります。ゴールまでの道筋や取るべき行動をしっかりと考えながら課題を挙げてみて下さい。

新しい行動の検討

課題も挙げられてくると、次に考えるのは「どのような方法で課題を解決していくか?」ということになります。

そのために、今あるものだけでクリアが可能か、新しい行動を取らないといけないかを問いかけてみましょう。

新しい行動のアップデート
・課題解決に向けてどんな行動をとるか
・結果を出した人はどんな行動をとったか
・効果的な行動、習慣は何か
・行動の改善、アップデートのために何をするか
・どんな環境に身を置くことが成果を上げるか
・成果を妨げるものをクリアするために何をしていくか

このように、自分に問いかけ自分にある答えをどんどん引き出してください。

そうすることで、何をすべきかが明確になってくるはずです!

必要なリソースの明確化

では、その課題をクリアしていくにあたり、必要なリソースを問いかけていきましょう!

リソースとは・・・
「能力、知識、経験、時間、お金、協力者、環境、コミュニティなど」

つまり、課題を解決してくれるツールです。自分の中にあるものもそうですが、外部に頼らなければならないリソースもありますね。

リソースを考えるために
・すでに持っているリソースは何か
・忘れている、使えてないリソースは何か
・自分の長所や褒められる点は何か
・必要なリソースはいつ、どこで、誰からどのように、得られるか
・すでに成果を出している人は、のようにしてリソースを得ているか

こういったリソースも、しっかりと自分へ問いかけながら書き出してください。

ここで外部のリソースを挙げる場合は遠慮をしてはいけません。とりあえず、必要だと感じたらドンドン挙げていきましょう!

ゴールまでの行動計画の作成

最後に行動計画の作成です。そこでしっかりと念頭に置きたいのは「ゴールの期限」ですね。

時間があれば達成可能でも、時間は限られていると思うので、それを基準に行動計画を立てて下さい。

あとは、この行動計画に沿って動くだけなので、今までのステップをしっかりと踏んで計画を立てて下さい。

行動計画を立てるときの問いかけ
・どのような道筋でゴールに向かうか
・ゴールの期限はいつか
・中間ゴールとしていつまでに何をするか
・ゴールは達成可能な計画か
・ゴール達成の期限は適切か
・最初のステップは何か
・次のステップは何か
・この計画に責任を負えるか
・ゴールに近づいていることはどのようにわかるか

このように問いかけながら行動計画を作成しましょう!

脳の力を引き出す「ワーキングメモリ」の鍛え方!

スポンサーリンク

セルフコーチング 効果・やり方のまとめ

セルフコーチングの効果、やり方。大学受験指導にも使える。

いかがでしたでしょうか?

今回のセルフコーチングは、普段、僕が大学受験に向けて生徒たちに指導で行っているものを使って書いています。

大学受験や高校受験も、大きな目標、なりたい自分です。ですから、普段の指導の中で面談の時などにコーチングを取り入れています。

これを繰り返すと、自然とセルフコーチングができるようになるのです。

予備校で授業で教えていること以上に生徒たちは成果を上げていきます。

ビジネスや資格試験など、何か目標を持っている方は、今回のセルフコーチングを取り入れて実践してみて下さい。

きっと世界が変わっていくはずです。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

合わせて読みたい記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました