【LSDトレーニング】ダイエットに効果的なランニング練習方法!

スポンサーリンク
【LSDトレーニング】ダイエットに効果的なランニング練習方法!

ランニングの効果的な練習方法を知りたい方や、LSDトレーニングって何だろうと思っている方向けに書いた記事です。

近年の健康ブームでランニングを始めている人が増えています。

以前よりもマラソン大会の開催数も激増してます。全国各地で町おこし村おこし的なお祭り要素を取り入れて、特産物を紹介するようなマラソン大会も出てきています。

今回の記事は、こんな方には必読になっています↓

・効果的な練習方法を知りたい!
・ダイエットにも効果的な練習方法は?
・LSDトレーニングって何?

では、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

ランニング 効果的な練習法LSDトレーニング

ランニングのLSDトレーニング

ランニングの効果的な練習方法で迷っている方はLSDトレーニングを取り入れることをお勧めします。

ランニングをしていく上で欠かせないトレーニング、LSD(Long Slow Distance)です。

要するにLSDとは、長く、ゆっくり、距離を走るトレーニングメニューのことなんでですね。

LSDの効果は・・・

・体重を落とす
・持久力をつける
・心肺機能を高める

という効果を求めるのに最適なトレーニングになっています。

自分の週1回はLSDをやります。

タイムを気にせず疲れも気にせず息切れもしないため、楽しくやっていけるトレーニングだと思っています。

それでは、ランニングの重要なトレーニングメニュー、LSDについてやり方を解説していきます!

ランニング LSD 効果的なやり方

では、LSDトレーニングの効果的なやり方を解説します。3つのことを守って練習するだけでOKです。

その3つは「長い」「ゆっくり」「距離」です。

・ランニング LSD「長い」

時間が長い、と言う意味で解釈をして下さい。90分以上が良い、と言われています。

そこまで時間が取れない!もしくは、90分は走れない!と言う方は60分くらいでもいいと思います。

とにかく、時間が長ければ長いほど効果を発揮します。

・ランニング LSD「ゆっくり」

マラソン練習には1kmあたり〇分で走る、という基準をしっかりと設定をした方がいいと思います。

ちなみに、自転車を普通にこぐスピードが4分/kmです。

歩くスピードは成人で9分/Km~10分/kmと言われています。

ゆっくりは人により異なりますが、4~9分/kmの間で自分が「これはちょっと遅いな~」と思えるペースで走ることを指します。

感覚的なもので例えると「会話をふつうにできる程度」で走る、ということですかね。

ちなみに僕は6分/kmを超えると遅く感じます。

そのくらい人によって違いがあるので、気持ちよくずっと走っていられるペースというのを感じて練習してください。

・ランニング LSD「距離」

おおよそ10km以上を指します。

ただ、上記にも挙げた通り人によってペースが違うので、その距離も人により全く異なります。

例えば・・・

・㌔6:00で60分走ると、ちょうど10kmになります。
・㌔6:30で90分走ると約14km。
・㌔7:00で120分走ると約17kmになります。

このように、ペースと時間を考えれば距離が出ますので計算してみてください。

スポンサーリンク

ランニング 効果的な練習方法LSD まとめ

ランニングの効果的な練習法

いかがでしたでしょうか?

ランニングを効果的に練習をしたい場合はLSDトレーニングを取り入れてみるのは、大変効果が高いトレーニングですので、良いことなのでおススメします!

できるだけ長い時間をずっと走っていられるようなペースで走ることが「LSDトレーニング」といいます。

距離はおのずとついてくるので、距離を考えずに時間とペースを計算してトレーニングしてみて下さい。

ダイエットにも大変効果的なので、ぜひやってみてください。

合わせて読みたい記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました