【初心者必見】ランニング継続して起きた体の変化とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いきなりですが、ランニングをすると体にとても良い変化があります!始める前と今では、比べ物にならないような体や精神的な変化がありました。

僕は、大手予備校で講師&学習アドバイザーをしている冒険者です。

最近は健康ブームでランニングをしている人も増えてきていますね!川沿いを走っていると、すれ違うランナーさんの数が増えたな~と感じています。

今現在、僕のランニング歴は1年と半年になります。ここまでの月平均のランニング距離は150km!なかなか頑張って走っています!

マラソン大会は仕事の都合上あまり出場できていませんが、練習で出したタイムがハーフ1時間49分、10kmだと公式タイムで46分46秒という感じです!

市民ランナーとしては、まずまずではないか!?と勝手に思っています。

今回は、生活にランニングを取り入れてからの自分の体に起きた変化を書いていきます!

スポンサーリンク

ランニング 始めるキッカケ

ランニングを始めるきっかけ、自分の体に起きた変化

まず、ランニングを始めてみようと思ったきっかけから書きます。

実は中学高校と陸上部で高校3年生の時にはマイルリレー(4×400mリレー)でインターハイに出場した経験があります。

個人では400MH(ハードル)で県大会4位。

ただ、これは過去の栄光(汗)!30代後半に入り、筋肉も落ちて、脂肪がつきまくって運動不足の自分の体が嫌になってきました。

健康状態もあまり良い方ではなかったです。

ランニングを始める前までは、健康診断で中性脂肪とコレステロールに「要経過観察」とういう感じで再検査にひっかかる手前までになっていました。

これではマズイ、と思いスポーツを取り入れてみようと考えてランニングを選びました。

ランニングは・・・
・一人でできる
・どこでもできる
・道具に費用がかからない

と、始めやすいスポーツです。

ですから、昔を思い出す意味でも「少し走ってみるか」と気楽な気持ちで始めました。

まさか、1年以上ランニングを継続できるとは思っていませんでしたが、今も楽しく毎日走っています。

スポンサーリンク

ランニング 始めてからの体の変化

では、ここから自分がランニングを始めて起きた体の変化を書いていきます!

ランニング 食事制限から解放される!

ランニングを始めて起きた体の変化

ランニングを始めてから、食事を気にすることがなくなりました。

僕は「脂っこいもの」「味が濃いもの」が大好き!ラーメン屋も背油多め!麺大盛!ご飯お替り無料!みたいな感じで、めちゃくちゃな食生活をしています。

あと、牛丼やカツ丼と言った丼ものも大好き。さらに、お酒は毎晩飲んで、おつまみはポテトチップス!特にプリングルスは大好物!

ですから、毎日毎日、知らぬ間に体が侵されていくんですね。

まだ40歳手前なので、いけるかな?と思ったら、健康診断でひっかかってしまいそうになりました。

それから、なるべく味は薄味、油は避ける、お酒やお菓子も我慢の日々。

それが、ランニングをすることで、食事制限から一気に開放されたのです!

体重や基礎代謝にもよりますが、ランニングは全身運動ですので消費カロリーが大きいのです!

「距離×体重=消費カロリー」

このように言われています。

僕の場合はだいたい65kgですので、1km走ると65kcal消費されます。ですから、10km走れば、650kcal消費されることになるわけです。

650kcalってどのくらいの食事の量?と思いますよね。

調べてみてわかったんですが、すき屋の牛丼は並盛で700kcalなんです!つまり、だいたい牛丼1杯分がなかったことになるんですよ!

凄いですよね、これって。

つまり、食べてもランニングの習慣があれば、自分でカロリーや体重などをコントロールできるようになるんです。

ダイエットという感じで始めたわけではないのですが、結果的にダイエット志向、健康志向になりやすいということですね。

・ランニングの体の変化
食事制限から解放され、カロリーコントロールが上手になった!

ランニング 姿勢が良くなった

事務作業の多い仕事をしていると、どうしても姿勢が崩れて腰に負担がかかります。

いつの間にか腰痛に悩まされている自分に気づいたりします。だいたいは、悪い姿勢を長時間取り続けるから、腰痛が起こるようです。

その腰痛を直すには、背骨を正しい形にもどさないと直りません。

ランニングは、あまり意識して走らなくても背筋が伸びます。正しいフォームで走ればなおさら背骨が、本来の形になろうとします。

ですから、デスクワークや同じ姿勢で作業をしている方にとってはランニングで背骨の矯正をした方がいいのです。

腰痛は一度始まると、なかなか治りません。ですから、ランニングを継続して本来の正しい姿勢を作り直してほしいです!

・ランニングの体の変化
姿勢が良くなり腰痛が改善し、デスクワークがやりやすくなった!

ランニング 体調が良くなる

ランニングを始める前までは、鼻炎がひどく風邪をひくと、鼻水が止まらずいつも薬で抑えているという感じでした。

それが、ランニングを始めて汗を大量にかき、代謝がみるみる良くなって、いつの間にか鼻炎が治っていました。

それどころか、風邪をひきにくくなったり、ストレス発散もできているからか、仕事のパフォーマンスも向上しました!

ランニングは息を吸ったり吐いたりを繰り返すので、呼吸器系を強くするのです。さらに、運動することで脳の活性化にもつながり、活力がみなぎり仕事や遊びが充実します!

・ランニングの体の変化
ストレス発散され健康になり、脳の活性化で生活に力がみなぎるようになった!

ランニング 旅先ランニングが最高

ランニングは旅先ランニングが最高

僕は旅行が趣味で、全国各地を写真に撮ったりしています。

とくに美しい景色や自然に囲まれるのも大好きで、基本的にアウトドア派です。

ランニングを始めてからは、旅行に行った際の宿泊先で、早起きしてホテル周辺のランニングをしてから「朝食バイキングへ!」みたいになりました!

見慣れない旅先の景色は、とても新鮮!温泉地、大自然の風景、旧街道、観光名称など、ホントに刺激をたくさんもらい、非日常を楽しめるんです!

しかも、旅行をすると食べ過ぎ飲みすぎになりがちですよね!でも、走れば大丈夫!

これまでも「大阪駅周辺ラン」「皇居ラン」「福井東尋坊ラン」「岐阜大垣周辺ラン」「長野安曇野ラン」など、旅行先でランニングをしまくっています!

それも、旅行の楽しみの一つになっています!

・ランニングの体の変化
旅先でも走ろう!と思い、景色や風景を楽しめるようになった!

スポンサーリンク

ランニング 始めてからの体の変化 まとめ

ランニングを始めて起きた体の変化

いかがでしたでしょうか?

ランニングをする人ならば、こういった体の変化に気づいているかと思います。

これからランニングを始める方、ランニングを始めたけど継続できなかった方もいるかと思います。

続けることでのメリットが多すぎるので、ぜひ、これからの生活にランニングを取り入れて継続させてください!

こちらの記事も参考にしてみてください。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

合わせて読み手い記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました