賢い人は孤独が好き!「ぼっち」こそ最強で賢い理由!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
賢い人の特徴、一人ぼっちで孤独な人が賢い理由

「ぼっち」という言葉を知っていますか?独りぼっちの略語で「ぼっち」になるんですね。

でも、ぼっちというのは実は賢い人が多く、お金持ちも多いんです。

逆に言えば、賢い人は独りぼっちになりやすいんです!

今回は「ぼっち最強説」ということで、独りぼっちがなぜ賢くてお金持ちになりやすいのかを詳しく解説していきます!

・なぜ賢い人はとっつきにくいの?
・ぼっちのメリットは?
・ぼっちの人の思考や行動は?

こんな疑問にお答えしていきます!あの人はいつも一人でいるなぁ、一人で旅行する人ってなんでなんだろう、と思う人も多いと思います。

ぼっちに興味がある!賢い人の特徴ってどんな人?と思う方は、ぜひ最後までご覧ください!

ではさっそくいってみましょう!

スポンサーリンク

賢い人の特徴 ぼっちが最強が理由

賢い人の特徴、ぼっちが最強な理由

まずは、ぼっちが最強な理由から書いていきます。

賢い人はぼっちになりやすい理由が、これでわかると思います!

自分の考えを持っている

賢い人は必ず自分の考えを持っています。ですから、相手に合わせるとか相手に意見を求めて従うことをしません。

ぼっちは賢いので、他人と群れたりしません。群れない人は自分の意見で動こうとします。他人を気にせずに行動しているのですね。

群れることで思考停止になることを、賢いぼっちは知っているんですね。

群れていない人は自己確立している証拠です。学校やサークル、会社などで派閥やその中での群れには属さないのがぼっちの特徴です。

所属していてもその中での群れを作らない、ということです!

ですから、群れを作らない人がいたら「賢い人」なのかもしれませんね!

一人旅ができて気楽に過ごせる

賢い人は一人の楽しみ方を知っています。ですから、一人旅でも楽しく気楽に過ごすことができるのです。

例えば、独りでは入れないような飲食店や居酒屋なども平気で独りで入ってしまいますし、そこで楽しむことができます。

誰かと一緒じゃないと楽しくない!友達がいた方がいい!と思っていまる人は、この行動が信じられないかもしれません。

しかし、賢い人は「独りでも十分楽しく過ごせる思考」を持っているので、心配しないで下さい。

ただ、大勢でやるようなスポーツ、料理、趣味など、集団で楽しめることも知っているため、ずっと独りで過ごしているわけではないのです。

時と場合、そして自分の置かれた状況で独りでいるか、大勢で過ごすかを決めているんですね。

意味のないSNSには興味がない

賢い人は意味のないSNSには興味がありません。

TwitterやFacebookといったSNSは繋がりを大切にする人が使っているツールだと思いますが、まったくSNSに依存していません。

しかし、フォロワーも多く、スキやいいねがたくさんつくことが多いのです。

自分が興味があることにしか時間を使わないので、自分にとって意味のないSNSはすべてスルーしています。

ただ、賢いので興味があることには知識が豊富だし、発信の仕方が上手なので、自然にフォロワーが集まり、スキやいいねが押されていくのです。

SNSにかける時間は少ないのですが、それでも大勢の人から支持されているのが賢いぼっちの特徴になります。

成功者のみと付き合う

賢い人は成功者と深く交わろうとします。

自分が興味があり知的好奇心をくすぶられるような人からは情報を得ようと必死になるので、質の高い情報がおのずと集まります。

質の高い情報は無駄がなく、しかも自分にとって必要な情報のみなので最短距離で目標を達成することが可能です。

自分の時間を大切にできるのが賢い人。だから、無意味な人との時間を過ごさないのですね。

自分にとって本当に必要な人としか付き合わないからこそ、成功者と深く交わろうとしているのです。

スポンサーリンク

ぼっちは頭がいい証拠

ぼっちは頭が良い証拠

続いては、ぼっちが頭がいい証拠について書いていきます。

賢い人はぼっちになると書いていきましたが、なぜぼっちは賢いのでしょうか?

相手の本質を見抜ける

一つ目に挙げられる賢い証拠は、ぼっちでいることで「相手の本質を見抜ける」ということです。

賢く頭が良いぼっちは「この人と付き合うべきかどうか」を判断します。

相手の本質を探るので、安易に近づかないし共に行動をとろうとしません。つまり、自分が信頼できる人としかかかわらないようにしているのです。

付き合いたいと思わない人とは、一切付き合わない。

これが賢い人が故の行動なのですね。

自分のペースを大切にしている

2つ目に挙げられる賢いぼっちは、人にペースを左右されません。それが会社であってもです。

自分にあったペースで、仕事や業務よりも自分が最優先になります。周りに合わせるよりも、自分ひとりで行動した方が早く正確であれば、とっととやってしまうこともあります。

賢い人は無駄なことが大嫌いなのです。どれだけ無意味な時間が人生における無駄になるか知っているのです。

ですから、相手が知り合いであろうが会社であろうが、無駄なことは一切せず、むしろ自分が考えた方が正確に早くできると思えば、行動をとってしまいます。

自分のことを大切にして、一番自分が楽しく充実した生活を送れるペースを持っているんですね。

強い決断力がある

3つ目の証拠は、頭の良いぼっちは決断力があるということです。

自分のことや相手のこと、これからの未来ことを冷静に見て決断しています。その決断の速さと突き進む力が、行動力になっていくわけですね。

つまり、決断力がある人がいると、周りがその決断についていけていない状態になるので、ぼっちになっていくこともあるということなんですね。

決断力は継続する意志力にも反映されます。決断したことを最後までやり遂げるにはどのようにすればよいかも考えています。

ですから、時には「ぼーっとする」「今は休む」ということも決断しています。

一人旅は決断の連続です。どこに行くか、どこを見るか、食事、宿泊、交通手段、時間配分など、すべてを一人で決断しますね。

一人旅で決断せずにオロオロしていたら、ただただ時間だけが過ぎてもったいないですからね。

スポンサーリンク

賢い人の特徴 ぼっちが最強の理由のまとめ

賢い人の特徴、ぼっちが最強の理由のまとめ

いかがでしたでしょうか?

あなたの周りでも、いつも一人で周りと群れず行動している人がいたら賢い人かもしれませんね。もしくは、一人旅が好きでドンドン決断をできる人も頭が良い人かもしれません。

別に「ぼっち」になりましょう!ということではないので、あえてぼっちになっていく必要はありません。

しかし、賢い人や頭が良い人は「独りぼっちになりやすい」ということを覚えておいてください。

賢い人・頭の良い人ぼっちになりやすい
・自分の考えを持っている
・一人旅を楽しんでいる
・無意味なSNSには興味がない
・成功者と付き合う

ぼっちになりやすい⇒賢い人、ではないので注意ですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

合わせて読みたい記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました