【鳴沢氷穴の見所】富士五湖観光!真夏でも気温0℃洞窟の秘密!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【鳴沢氷穴の見所】富士五湖の観光地!真夏でも寒い洞窟の秘密!

富士山周辺を観光しようと思っている人に、ちょっとした立ち寄りスポットでおすすめしたい「鳴沢氷穴」のご紹介です。

山梨県の富士五湖の人気スポットで、しかも短時間で見て回れる鳴沢氷穴夏は涼しく、冬は暖かいという天然記念物なんです!

そんな鳴沢氷穴の見所やアクセス、所要時間、お土産などを紹介していきます!

・富士五湖周辺で立ち寄りスポットを探している!
・洞窟の中に入って、アドベンチャー気分を味わいたい!
・真夏でもひんやりの巨大な氷の柱を見てみたい!

こんな要望にお応えできるのが「鳴沢氷穴」ですね!

家族やカップル、夫婦でのドライブにおすすめの観光スポットです。ぜひ、この記事を参考にしてみてください!

それでは鳴沢氷穴に行ってみましょう!

※関連記事
>>【忍野八海の湧水】パワースポットで心を癒す見どころや楽しみ方!

スポンサーリンク

【鳴沢氷穴の見所】富士五湖観光の立ち寄りスポット詳細

【鳴沢氷穴の見所】富士五湖観光の立ち寄りスポット詳細

それでは、鳴沢氷穴のレビュー記事を書いていきます。

洞窟の中は季節感が全くなく、常に低温を保っています。ですので、真夏でも寒い!と感じることができるわけになっています。

そんな鳴沢氷穴の詳細を見ていきましょう。

鳴沢氷穴 アクセス・駐車場

まずは鳴沢氷穴の場所をマップで確認します。

国道139号の道を走ると案内板が出ているので、迷うことはありません。

車でのアクセス
・東富士五湖道路「富士吉田インター」で降りて、139号線を西に向かうこと30分程度

駐車場
・普通車用:90台 ・大型バス:5台
※鳴沢氷穴ご利用の方のみに限定

アクセスはわかりやすく、駐車場も広いので、ハイシーズンでも混雑することはないですね。

次に解説する所要時間も短いので「回転率」が非常にいいのも、混雑しない特徴なのかもしれませんね!

鳴沢氷穴 料金・所要時間

さて、続きましては鳴沢氷穴の料金と所要時間について書いていきます。

鳴沢氷穴の料金
・大人:350円 小学生:200円

鳴沢氷穴の所要時間
・洞窟内一周で、ゆっくり見ても30分あれば十分!
※お土産や休憩を含めて、1時間程度になります!

という感じです。安いし短い!これが立ち寄りスポットと言われるわけですね!

ただ、体験としては貴重な体験だと感じます。真夏の暑さの中の、あの涼しさ。そして、真冬の寒さの中の温かさ。そして春から夏には氷の柱が見られます!

料金や所要時間からでは伝わらない体験が、鳴沢氷穴にはありますよ! 

鳴沢氷穴 服装

鳴沢氷穴の内部は、とにかく寒いです。真夏でも「寒い」と感じます。

しかし、夏なら夏の服装で十分です。

理由は「夏は中は寒くても、出れば暑い。所要時間も普通にいけば15分程度。我慢できる時間」だからです。冬ならば尚更、厚着をしているはずなので、そのままの服装で行けます。むしろ、冬ならば、洞窟の方が暖かいと感じるはず。

洞窟内は常に0℃~高くても5℃で保たれています。

この地の真冬の寒さはマイナスになることもあるので、逆に暖かいと感じるのもわかるでしょう。

※関連記事
>>【萌木の村】清里の観光の拠点!グルメ、雑貨、お土産の紹介!

スポンサーリンク

【鳴沢氷穴の見所】富士五湖観光!真夏でも気温0℃洞窟の秘密!

それでは実際に鳴沢氷穴に入ってみましょう!

僕がいった時は、真夏の8月。それも外気温が35℃を超える真夏日に行きました。

日差しも強く、全国的に猛暑日を記録した日だったので、ホント、こんなに気温が違う地があるんだ!と感動したくらいです。

鳴沢氷穴 8月でも気温は0℃

では、鳴沢氷穴について実際に観光したレビューを書いていきます。

【鳴沢氷穴の見所】富士五湖観光!真夏でも気温0℃洞窟の秘密!

まずは入り口です。観光地らしく駐車場が整備され、大型バスが停められるような広々とした印象です。

施設の建物もきれいで、とても好印象です!

【富岳風穴も紹介】富士五湖観光!真夏でも気温0℃洞窟の秘密!

鳴沢氷穴と富岳風穴について、なぜ冷えるのかの解説がありました。

ようするに・・・

鳴沢氷穴と富岳風穴が冷える理由
「富士山の雪解け水が地下水となり、永久凍土を通って洞窟内に湧き上がるため、つねに一定の温度の水が湧き出ているから」

ということなんですね。とにかく、地下には永久的に凍っている土があり、そこを地下水が流れ、湧き出たところが洞窟で、その内部を冷やしている、ということなんです!

鳴沢氷穴は真夏でも気温0℃の洞窟!

写真からも分かる通り、洞窟内は0℃です!隣に写っている子供の写真は半袖ですよね!?

真夏でも0℃、ってすごくないですか?

鳴沢氷穴の洞窟の入り口

さあ!洞窟の中に入りますよ~!

鳴沢氷穴 洞窟内の画像

それでは鳴沢氷穴の内部に入っていきます!写真を撮ってきたので、ご覧いただきたいです!

鳴沢洞窟の中は寒い

まず、こちらは洞窟入り口からすぐのところ。

いきなりですが、寒い半袖なのでとにかく寒い!

真夏でしたので、最初は気持ちいい!と思いました。

鳴沢氷穴の洞窟の中は暗くて狭いから注意

洞窟の最深部に来ました。けっこうキツイ勾配なので、気をつけて進んでいきます。

この時点で気温は0℃です!!8月の真夏日に、気温が0℃ってすごい温度差!

【鳴沢氷穴の見所】富士五湖観光!真夏でも気温0℃!

洞窟内は明りがありますが、けっこう暗いな、という印象でした。入場制限をしながら観光しやすい施策をしてくれていたので、ゆっくりと見学することができましたよ!

ちなみに、けっこう天井が低いのがわかりますよね?頭をぶつけないように、気をつけて進んでください!

鳴沢氷穴 氷の柱

さあ!来ました!氷の柱です!真夏なのに、氷です!凍ってるんです!

春から夏にかけてが一番氷が大きくなる時期らしく、この時期の氷の柱にしては大きいようでした。

それにしても「立派!」でしたね~。

鳴沢氷穴 氷は春から夏が見どころ

地下から湧き上がってくる地下水が、ここで凍っている様子です。

何度も書きますが、8月ですからね!すごいと思います。

氷が一番大きくなる時期が4月~7月のようで、真冬は逆に氷の柱が小さくなるんだとか。こうした事実を知らないと、こうした幻想的な風景が見れませんよね。

鳴沢氷穴 神社がある

小さな神棚がありました。

少し前までは天然の冷蔵庫として利用されていた鳴沢氷穴。神が宿ると信じられても、全く不思議ではありませんね。

とにかく体験としては価値のある体験をさせてもらった感じです!

※富士五湖周辺観光スポットを探す!
>>楽天たびノート「山梨県」

鳴沢氷穴 お土産&スイーツ

さて、続いては鳴沢氷穴のお土産&スイーツの紹介です。

鳴沢氷穴 黒龍の看板 お土産屋

お土産屋さんは観光地ならでは、ということで出口にありました。

大きな龍の絵があって、青木ヶ原珠海は神の森として知られていたようです。そこには「黒龍」が住んでいた、という伝説もあったようですね。

黒龍は水の神、北を守る神、という意味があるようですね。

鳴沢氷穴 お土産 ソフトクリーム

こちらが鳴沢氷穴のお土産屋さんの様子です。

富士山にちなんだお土産が多かったですね。特に、山梨名物の「ほうとう」や「吉田うどん」がありました。

富士山カレーも有名ですので、お土産には最適ですね。

特に富士山カレーはおすすめのお土産!絶対に喜ばれます!

お土産屋には欠かせない、ソフトクリームもありました!

鳴沢氷穴 信玄餅ソフトクリーム

せっかくなので、山梨の名物と言えば「信玄餅」。その信玄餅の味を生かしたパフェが「限定で販売」されていたので、興味本位で試してみることにしました!

信玄餅は全国区で有名なお土産ですね。それが、パフェになったのは実は、鳴沢氷穴と他数か所にしかないんだとか・・・

鳴沢氷穴名物 信玄餅パフェ

こちらが信玄パフェです!520円とちょっと高めでしたが、美味しかったです!

「黒蜜きなこ」と「濃厚ソフトクリーム」さらに「餅」が絶妙!まさに、信玄餅パフェ!でした

鳴沢氷穴 巨峰ソフトクリーム

うちの息子は山梨巨峰ソフトクリームにしました。

ドアップで申し訳ないです(汗)

※関連記事
>>【貸切コテージログハウス】山梨リゾート「ふようの宿」宿泊レビュー!

スポンサーリンク

【鳴沢氷穴の見所】富士五湖観光!真夏でも寒い洞窟のまとめ

鳴沢氷穴 溶岩樹形

いかがでしたでしょうか?

富士五湖周辺観光の立ち寄りスポットとして、鳴沢氷穴を紹介しました。

ほんとに1時間もあれば、回れてしまう観光地ですので、もう一カ所観光したい!と言う方や、鳴沢氷穴ってどんなところ?と思っている人には参考になったかと思います。

他にも冒険者ブログでは「各都道府県の観光地」に実際に訪れた体験を紹介していますので、他の記事もご覧いただければと思います。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

合わせて読みたい記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました