【忍野八海の湧水】パワースポットで心を癒す見どころや楽しみ方!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【忍野八海の湧水】パワースポットで心を癒す見どころや楽しみ方!
忍野八海 湧池

山梨県南都留郡忍野村にある「忍野八海」に行ってきました!

富士山周辺は観光スポットがたくさんあり、その中でも「忍野八海」は富士山の大自然を感じながら湧水に癒しを感じられるパワースポットとして有名です。

忍野八海の歴史は深く、長い時間をかけて形成された地形がもたらす地球からの贈り物なんです。自然の風景もそうですが、なんと言っても「透明な湧水」には心を打たれます!

・富士山周辺でおすすめの観光スポットを知りたい!
・忍野八海の見所はどこなの?
・忍野八海はドライブで立ち寄ってすぐ見れる?

こんな疑問や要望にお応えできるように書いています!

ぜひ、最後までご覧ください!

※関連記事
>>【貸切コテージログハウス】山梨リゾート「ふようの宿」宿泊レビュー!

スポンサーリンク

【忍野八海】神の泉パワースポットで心を癒す見所チェック!

【忍野八海】神の泉パワースポットで心を癒す見所チェック!

それでは、実際に忍野八海に行ってきた中での見どころを紹介していきます。

忍野八海 アクセス

まずは忍野八海のアクセスを見ていきましょう。マップをご覧ください!

山梨県の「山中湖」と「河口湖」のちょうど中間にあります。

【住所】
〒401-0511 山梨県南都留郡忍野村忍草
【電話番号】
0555-84-4221
【忍野八海公式HP】
忍野村公式観光ホームページはコチラ

電車やバスの公共機関でもアクセスすることはできますが、忍野八海がある場所は駅から離れていますので、自動車がやっぱりおすすめですね。

【自動車でのアクセス】
東富士五湖道路「山中湖インターチェンジ」から車で15分程度

都心からも2時間程度でアクセスできるのも魅力の一つですね!また、周辺には他にも観光スポットがたくさんあるのも、忍野八海が人気の理由なんですね。

忍野八海 おすすめ駐車場

続いては忍野八海を観光する上でおすすめの駐車場を紹介します。ほとんど有料となります。

忍野八海の駐車場
・ほとんが有料(2時間で300円程度)
・お土産を買うと無料となる駐車場あり
・近場は早めに埋まる(というか近場は台数が少ない)

そして、主な駐車場の場所は全部で8カ所あります。

その中でもおすすめの駐車場をいくつか紹介します。

忍野八海 ますの家大型駐車場

まずは、ますの家駐車場です。ますの家、という観光スポットがあります。

ここは、忍野八海まで徒歩5分にある大型駐車場です。かなり広い駐車場ですのでアクセスも良好。迷うこともまずありませんし、わかりやすい場所にあります。

・ますの家駐車場
営業時間⇒7:00~18:00
普通車⇒50台 大型車⇒10台
料金⇒普通車2時間で300円

忍野八海 ひのでや駐車場

続いては「ひのでや駐車場」です。売店ひのでやにある駐車場ですね。

忍野八海の入り口にある比較的広い駐車場です。入り口ですので、忍野八海まで徒歩1分。お土産屋が並ぶ通りにまですぐです。少しわかりにくいところかもしれませんが、お土産を買えば無料で停めれるお得な駐車場です!

・ひのでや駐車場
営業時間⇒8:45~閉店まで
普通車⇒35台 大型車⇒8台(時期により変動)
料金⇒普通車90分で300円
※売店ひのでやで600円以上のお買い上げで90分無料!

忍野八海 かまのはた駐車場

忍野八海の中心部にある売店かまのはた駐車場。中心部なので、すぐそこが忍野八海!と言う感じです。ただ、一番近いゆえに早く埋まり、さらに場所も狭い路地を進むため、わかりにくいかもしれません。

・かまのはた駐車場
営業時間⇒9:00~16:30
普通車⇒30台 バイクも可
料金⇒300円 バイク⇒150円
※売店ご利用様は無料となります!

忍野八海 営業時間

続きましては、忍野八海の営業時間です。

忍野八海の営業時間は「24時間」やっています!というか、忍野八海と言うのは、8つの泉の総称なので、いわゆる自然の池を見るための観光地です。

ですから、夜に行ってもそこにある!ということなんですね。

ライトアップは時期によってやっているようです。桜や紅葉シーズンのみ、ですね。

売店の営業時間は「9:00~17:00」というのが多いです。観光するなら、この時間が良いかもしれません。

※関連記事
>>こんなに安くていいの?清里高原「オーチャードハウス」宿泊レビュー!

※周辺観光
>>【北口本宮冨士浅間神社】富士登山吉田口ルートの玄関口の神社とは!

スポンサーリンク

忍野八海の楽しみ方!人気の見どころは?

それでは、忍野八海の楽しみ方!人気の見所をみていきましょう!

忍野八海の楽しみ方 見どころ「中心池」

忍野八海の楽しみ方 見どころ「中心池」
忍野八海 中心部の人気スポット

まずは、忍野八海でも一番の人気の見所、中心池へ行きました!ここは「忍野八海」の湧き水の中心で、深さが8mもあります。

ちなみに「中心池」には名前がないようです。勝手に中心にある池なので、「中心池」と呼んでいます。

忍野八海の楽しみ方 見どころ「中心池」 湧水

丸い形をした地形に人が集まっていますね。あそこが「湧き出し口」になっています!

忍野八海の楽しみ方 見どころ「中心池」 日本名水百選

日本名水百選にも選ばれています。本当に水がキレイですね。

忍野八海の楽しみ方 見どころ「中心池」 観光

こちらがその湧き出し口です。それでは、水深8mから湧き上がる湧水を見てみましょう!

忍野八海の楽しみ方 見どころ「中心池」 湧水 神の水

うわぁ!すごい透明度!8mあるのに底が見える!

富士山からの雪解けの湧き水が地下水になり、ここから湧き出しているのです。自然が作り出した地形のおかげで、このような恵みを授かることができるなんて、神秘的ですよね!

忍野八海の楽しみ方 見どころ「中心池」 神の水

池にはコイがたくさん泳いでいました。この水の中を泳げるコイは幸せで健康的ですね~!

忍野八海の楽しみ方 見どころ「中心池」パワースポット

こちらで大地の恵みである忍野八海の「神の水」でお清めができます。

忍野八海の楽しみ方 見どころ「中心池」癒しの旅

龍の口から湧き水がでています。ここで手を洗い、口をすすぐと、何だか体の中から浄化されていくような気になりました!

※ドライブの疲れを癒すなら
>>【道の駅すばしり】ご当地グルメにお土産!足湯で至福の休憩所!

忍野八海の楽しみ方 お土産「池本売店」

さて、中心池に行くにはお土産屋さんの「池本売店」を通っていくようになります。

まず、中心池を見て、それからゆっくりとお土産を選ぶのがいいかもしれませんね。

忍野八海の楽しみ方 お土産「池本売店」 名物

水の神様を祭ってあるところがありました。

ここでは、富士山の湧き水をこちらで販売してくれています。勝手に持っていくことは許されません!汲んでいくためには、専用のペットボトルを売店で買ってください!

忍野八海の楽しみ方 お土産「池本売店」店内

売店の様子です。地元の作物から山梨ならではのお土産がたくさん並んでいました。

地元の名産が全部そろっている大きな売店です。お土産を買うのであれば、ここが一番充実している売店かもしれませんよ!

少しですが、山梨のお土産の紹介をしておきます!

吉田のうどん!山梨の吉田で有名なうどんです!湧水でどうぞ!

山梨名産のお土産と言えばほうとう!信玄武者ほうとうは中でも絶品!

めちゃくちゃ広い店内でしたので、紹介しきれないくらいあります。

詳細は忍野八海の「池本売店」公式ホームページからご覧ください!
>>池本売店HP

忍野八海の楽しみ方 見どころ「雪解け水」

さて、続いての見どころは「富士山の雪解け水」です。その雪解け水が、ジャバジャバ湧いているスポットがあります。

その場所は、売店かまのはたのすぐ隣にあります。

忍野八海の楽しみ方 見どころ「雪解け水」

雪解け水はめちゃくちゃ冷たくて、30秒間手を入れ続けられるか試してみよう!と表示がありました。

試しにやってみましたが、無理です!本当に冷たい!!

今回訪れた時期は真夏で暑かったのですが、それでも30秒は無理でした。。。

忍野八海の楽しみ方 見どころ「雪解け水」冷たい

このようにジャブジャブ雪解け水が流れているのです。

忍野八海の楽しみ方 見どころ「雪解け水」湧池

その水が忍野八海の8つの池の一つ「湧池」に流れているのですね。

ここにもコイが泳いでいました。コイは冷たくないのでしょうかね?

富士山の雪解け水は忍野の名物!富士忍野はネットで買えます!

ここにジャブジャブ流れている水は、汲んでいくことができますが有料です。ちゃんと売店で「富士忍野」という商品として売られています!

これまでに飲んだことのないような、透き通った味わいでした!

※富士五湖周辺観光スポットを探す!
>>楽天たびノート「山梨県」

忍野八海の楽しみ方 冬景色も見どころ

忍野八海は「春はお花」「夏は避暑地」「秋は紅葉」と楽しみ方があります。

そして冬ですが「白銀世界に包まれた忍野八海」は格別です!厳しい寒さと雪の多さ、ならではの景色が楽しめます。

その冬景色も忍野八海の見どころの一つなのです。雪が積もった忍野八海は、異次元の美しさです。

忍野八海の楽しみ方 冬景色も見どころ 
忍野八海の冬景色 ヨシボーさんの画像

忍野八海は春夏秋冬の楽しみ方があるんですね~。

特に冬の幻想的な風景は、夏とは対照的な白銀の世界で、訪れた人を魅了することでしょう!

忍野八海の楽しみ方 冬景色も見どころ 雪景色

こうした風景は雪深い地域ならではですね。シーズンごとに訪れたくなるような観光スポットです!

※関連記事
>>【昇仙峡】駐車場・モデルコース・周辺観光の見どころ全てを解説!

スポンサーリンク

【忍野八海】心を癒す見どころや楽しみ方! まとめ

【忍野八海】心を癒す見どころや楽しみ方! まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は山梨県の富士五湖周辺の観光地である忍野八海について見どころや楽しみ方をまとめてきました。

季節によってその表情を変える忍野八海。春夏秋冬で見どころが違います。

また、湧水に触れたり、飲んだりすることで、心や身体が浄化されていく気がします。

お土産でお水(富士忍野)や吉田のうどんを買っていきましたが、それも美味でしたよ!

訪れる際の参考にしてもらえればと思います!

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

合わせて読みたい記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました