スポンサーリンク

【高校受験の直前期対策】中学生のおすすめ5教科総仕上げ問題集!

中学生
【高校受験の直前期対策】中学生のおすすめ5教科総仕上げ問題集!

予備校で講師&学習アドバイザーをしている冒険者です。教育系ブロガーとして冒険者ブログを運営しています。

今回は中学生の公立や私立高校受験の直前期にやるべき「総仕上げ問題集」について解説をしていきます。

中学生の最後の仕上げの勉強方法についてどうすれば良いのか、ということを迷っている方は非常に多いです。塾や家庭教師をやっていればまだ対策方法がわかるけど、そうでなければ直前期にどう勉強するか頭を抱えてしまいますよね。

そこで今回は・・・

・高校受験の直前期って、まず何をすればいいの?
・高校受験の傾向にあった問題集は?
・色々あるけど、どれがおススメなの?

こんな疑問や要望にお応えします!

受験生もそうですが、中2生以下の生徒も早いうちから公立高校の入試問題に慣れておくのは非常に有効です!

それでは、さっそくいってみましょう!

※関連記事
>>【小中学生】塾に入れると確実に成績が上がる子供の5つの特徴とは?

スポンサーリンク

【高校受験の直前対策】中学の総仕上げおすすめ問題集!

それでは、高校受験の直前期対策の総仕上げおすすめ問題集をまとめていきます!

そのおすすめ問題集をまとめると次のようになります。

高校受験の直前対策、おすすめ問題集
①絶対に力がつく「全国入試問題」
②難関私立や国立なら「最高水準問題集」
③図や解説がわかりやすい「点が面白いほど取れるシリーズ」
④旺文社の高校入試「解き方」が身につく問題集
⑤5教科一気に「高校入試5科の総まとめ最重要事項100%」

この5つですね。これだ!と思う問題集をクリックして口コミやレビューをご覧ください。

ちなみにこれらは、僕の予備校で好評をいただいている高校入試における問題集で、成果が伸びた問題集のみに絞って紹介させてもらっています。実績が出ているため信頼性があり、心からおすすめできるものばかりです!

それでは1つ1つ詳細を説明していきます。

※中学数学のハイレベル問題集を紹介
>>【中学生の数学】ガチで点が伸びるハイレべル問題集の比較5選!

絶対に力がつく「全国入試問題」

まずは、多くの中学生が最後の詰めとしてやっている「全国入試問題」です。

問題集と言えば旺文社!全国入試問題!

47都道府県の公立高校と主な国立・私立や高専の問題を全て解ける、最高に力がつく総仕上げ問題集です。

とにかく豊富な問題量と圧倒的な演習を積める問題集になっています。最後の詰めとして演習するには最高に「量」をこなすことができる1冊です。5科目全て揃えなくても、武器になる科目を伸ばす!弱点を克服する!といった形で使えます。

全国入試問題のメリット
・とにかく演習量をこなせる!
・全国の公立高校や私立高校の豊富な種類の演習ができる!

全国入試問題のデメリット
・分厚過ぎて全部やり切るには時間がかかる
・各都道府県用の対策ではないので傾向はつかみにくい

難関私立や国立なら「最高水準問題集」

続いては難関私立高校や国立高校の入試についてはこれ以上ない「最高水準問題集」です。

高い難易度を誇るシグマベストより「最高水準問題集」

難関私立高校や国立高校の対策に適したに問題集になっています。入試問題を厳選して載せていて、頻出度や難易度、そして新傾向のマークで問題のレベルや傾向をつかむことができます。すごく丁寧でわかりやすい解説があるので、どんな難問も理解できるようになっています。

さらに総仕上げには過去問で構成した模擬テスト3回分がついていて、総仕上げとしてふさわしい問題集です。

最高水準問題集のメリット
・とにかく高難易度の問題が解ける!
・入試問題を載せており、頻出・難易度を確認できる!

最高水準問題集のデメリット
・解説は丁寧だが、基礎基本ができないとキツイ
・公立高校を目指す人は、ここまではいらない

図や解説がわかりやすい「点が面白いほど取れるシリーズ」

3つ目に紹介するのは「点が面白いほど取れるシリーズ」です。

色々な有名講師が書いた「面白いほどシリーズ」

基本的なことから応用力を養成する問題までを、一気に兼ね備えた問題集が「面白いほどシリーズ」です。大学受験にもこのシリーズがありますが、相当な人気を誇っています。

有名な予備校の監修を通しているため、信頼度は抜群!安心して基礎から学べる問題集です。僕が所属する予備校の先生も監修に入っていますよ!

面白いほどシリーズのメリット
・基礎から学べるので、苦手な人も取り組みやすい!
・非常にわかりやすく丁寧な解説がウリ!

面白いほどシリーズのデメリット
・問題演習量はやや少なめ
・基礎から身につくが、応用力をつけるには至らない

旺文社の高校入試「解き方」が身につく問題集

そして、また旺文社から「高校入試の解き方が身につく問題集」です。

旺文社から高校入試「解き方」が身につく問題集!

公立高校入試の問題は、難度の幅が広いのが特徴です。暗記で解ける問題と解き方や考え方が必要な問題があります。解き方をしっかりと押さえてから問題演習したほうが確実に点数を上げることができます。

解き方をしっかりと押さえたい、ポイントを知りたいという人には絶対必要な問題集です。高校入試の基本をちゃんと学びたい人にはおススメです!

「解き方」が身につく問題集のメリット
・「解き方」に絞った基本的なことを身につけられる!
・勉強が苦手でも、確実に点数になれるコツを知れる!

「解き方」が身につく問題集のデメリット
・問題量は断然少ない。
・地域トップ校を狙っている人向けではない。

高校受験に向けて「いつから?何をやる?」について迷っている人はこちらの記事をご覧ください。
>>【高校受験】いつから?何をすればいい?注意すべき3つの時期!

5教科一気に「高校入試5科の総まとめ最重要事項100%」

最後は、5教科一気にやれる問題集「高校入試5科の総まとめ最重要事項100%」です。

5科目の総まとめ!重要事項100%。

こちらは5科目一気に復習や勉強ができる総まとめの問題集です。いや、問題集というよりかは参考書に近いですね。

入試に頻出の問題が記載されていたり、例題が載っていて非常にカラフルでわかりやすくキレイにまとめられています。非常に簡潔にまとめられていて、総まとめとしては使いやすい問題集です!

5科の総まとめのメリット
・短期間に一気に重要事項を確認できる!
・説明がカラフルで、非常にわかりやすい!

5科の総まとめのデメリット
・深い知識は得られない。
・内容が全般的であり、網羅はできていない。

ここまで紹介してきた問題集は「総仕上げ」としても使えますが、中学2年生の早い段階からでも総合力アップにつながる問題集になっています。

気になる問題集がありましたらリンク先の問題集の口コミやレビューをご覧ください!きっと、ぴったりの問題集が見つかるはずです!

※高校受験は内申が命!
>>【高校受験】内申点の高い中学生の特徴!確実に上がる方法とは?

スポンサーリンク

【高校受験の直前対策】中学のおすすめ5教科総仕上げ問題集! まとめ

【高校受験の直前対策】中学のおすすめ5教科総仕上げ問題集! まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校受験直前の時期に、やるべき問題集について解説してきました。

高校受験の勉強は、全範囲を満遍なくやっていかなければならないため、基本的なことが抜けているとやっても意味がない!なんてことになりかねません!

どれだけ対策しても不足はないので、今回紹介した問題集で徹底的に総仕上げをやってください!

あなたの受験が成功するように、心よりお祈り申し上げます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!他にも色々な教育関連の記事を書いていますので、リンク先の記事で興味があれば、ぜひご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました