【熱川温泉のバナナワニ園】ワニ飼育頭数日本No1のワニ園の魅力とは!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

静岡県の東伊豆町にある熱川温泉のバナナワニ園の紹介です!

僕がいったときには、ちょうど雨の日でした。

しかし!

バナナワニ園は天候を選びません!雨でも晴れでも雪でも(静岡はめったに降りませんが)全く問題なく楽しめる施設です!

むしろ、雨の日こそ訪れたい場所かもしれません。ほとんど雨に濡れることなく園内を回ることができて、人も少なくて良かったんです!

ここでちょっとよくある勘違いです。

バナナワニ園は「バナナワニ」がいるわけではありません!熱帯植物の代表のバナナと日本一の飼育数のワニを掛け合わせて名づけられた施設です!

・バナナワニ園に行ってみたい!
・東伊豆に行くけど、どこがおススメ?
・爬虫類好き!

こんな方にはおススメの記事です!

バナナワニ園は東伊豆旅行の最大のメインスポットになっています。熱川温泉や伊豆旅行の絶対にはずせないおススメですよ~。

ぜひ、ご家族でカップルで夫婦で熱川温泉旅行で熱川バナナワニ園に行ってみませんか?

バナナワニ園のキャラクターバナナワニオ

では、さっそく熱川バナナワニ園を見て行きましょう!

静岡のその他の観光スポット
>>お茶の魅力を探る!「ふじのくに茶の都ミュージアム」
>>東海道の雰囲気を感じる石畳「金谷坂」

スポンサーリンク

熱川バナナワニ園 熱川温泉の豆知識

まず、熱川温泉の豆知識からお伝えします。

・熱川(あたがわ)というのは「熱川温泉」で有名です。
※熱海(あたみ)と間違えないでください!

・ 面積当たりの温泉櫓数が日本No1
※それだけたくさんの浴槽があるってこと!

JR特急「踊り子」で東京から2時間程度で行ける
※交通の便もいいよ!

昔ながらの温泉街を演出
※温泉も街も「濃い」ってこと

とこんな具合に、かなり「熱川温泉」独自のPRをしています!行ってみて、あ~、日本の温泉街だな~、と感じましたね!

伊豆 熱川温泉旅館協同組合・熱川温泉観光協会【公式】 - 伊豆 熱川温泉旅館協同組合・熱川温泉観光協会【公式】
伊豆にある熱川温泉は、東京から約2時間の温泉場です。温泉やぐらがたくさんあり、湯煙が温泉街を包みます。海に面した旅館もたくさんあり、伊勢海老などの料理も美味しい温泉です。観光スポットは、駅から徒歩10分の熱川YOU湯ビーチ、熱川バナナワニ園、みかん狩り・いちご狩り農園、ハーブ園などがあり旅行にも最適です。伊豆急行線の伊...
スポンサーリンク

熱川バナナワニ園 アクセス

【マップで確認】

地図で見るとわかる通り熱川温泉のど真ん中にありますね!

【住所】
〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253−10

【電話番号】
0557-23-1105

【営業時間】
9:00~17:00(最終16:30)
年中無休

【駐車場】
大型バス10台
普通車150台(分園と本園で分かれています)

【入園料】
大人:1800円
子ども(4歳~小学生):900円
子ども(4歳以下):無料

【車でのアクセス】
熱海駅から車で90分 伊東駅から60分
※ハイシーズンは混雑しますので時間は目安

【電車でのアクセス】
熱海駅から伊豆熱川:1時間20分(JR伊東線から伊豆急行線)
運賃:1350円
>>JR伊東線(乗換案内)

スポンサーリンク

バナナワニ園 施設案内(分園)

では、東伊豆の観光メインスポットである熱川バナナワニ園の園内の案内をします!

今回はおススメのルートになっていますので、このルートで回った方がより熱川バナナワニ園を楽しめるルートになっていますので、ぜひ参考にしてください!

バナナワニ園 おススメコースと所要時間

分園→食事→ワニの食事→本園

このルートは鉄板です!絶対このコースで回ってください!

所要時間は食事や休憩、お土産を選ぶ時間も入れて5時間程度でしょう!

バナナワニ園 分園 雨の日でも大丈夫 

観光に来た日は、あいにくの雨でした。

ただ、バナナワニ園は雨の日対策が施されています!雨の日でも楽しめようなつくりになっています!

雨の日にこそ、人が少ないのでおススメかも!?

バナナワニ園の案内地図

園内の案内図です。

熱川バナナワニ園は本園分園で分かれています。

本園から回りがちですが、分園から回った方がピークエンドで観光を終われるのでおすすですよ!ぜひ分園の駐車場に車を止めて観光してください!

※分園と本園はバスが10分間隔で運行していますので、どちらの駐車場に止めても両方回ることができますよ!

バナナワニ園の植物園

さて、分園の最初の見どころの紹介です。これは「アンスリウム・洋ラン温室」になります。

熱川バナナワニ園は「植物園」としても、かなりの規模を誇る施設でして、熱帯植物を間近で見ることができるようになっています。

バナナワニ園の植物園アンスリウム
アンスリウムの花

アンスリウム洋ランが咲き誇る温室でして、いきなり熱帯な感じが漂います。すごく綺麗でしたよ。

これがアンスリウムの花です。真っ赤な色をした綺麗な花です!

バナナワニ園の植物園アンスリウム

色とりどりのアンスリウムの花が咲いていました!

バナナワニ園の植物園アンスリウム

熱川バナナワニ園ではアンスリウムをたくさん栽培していますが「日本で初めて開花させた」ことで有名になっています!

バナナワニ園のバナナ

さあ、そしてバナナです!熱川バナナワニ園というだけあってバナナの栽培はもちろん行っています!

こうやってみると、かなり大きな木です!

一つの枝にこれだけのバナナの房があるのは、見応えがありました!

バナナワニ園のバナナ
バナナの房

バナナはバショウ科なんですよ!

バナナの成長
バナナの成長

バナナの成長をしるした掲示です。

なんとバナナは「木」ではなく本当は「草」だそうです!しかも、バナナは一日に20cmも伸びることがあるそうです!

凄いですね、熱帯の植物は!熱川バナナワニ園では、毎朝完熟したバナナを収穫しているそうです。

バナナワニ園の植物園
バナナワニ園の植物園内

これだけの植物を温室で管理するのは大変でしょうね!

コーヒーノキ
コーヒーノキ

こちらはコーヒーの木です。コーヒー豆はこんな感じの木から採れるんですね!

アセローラ
アセロラの木

これはアセロラ。甘酸っぱい酸味がたまらない熱帯の恵みですね!

パパイヤ
パパイヤの木

こちらはパパイヤ。これも熱帯植物ならでは柑橘類です!

パパイヤは原産はハワイと思われがちですが、熱帯アメリカが原産なんですね。

緑に囲まれていると自然と癒されます。いいですよ!バナナワニ園!

ミラクルフルーツ
ミラクルフルーツ

ミラクルフルーツです。この実を食べてから酸っぱいものを食べると甘く感じるという、不思議な果実です。

一回味わってみたいものですね。

バナナワニ園 雨の日 分園のワニ

雨の日のバナナワニ園

おっと、雨が降っているのを忘れていました!

そのくらい施設内は雨でも楽しめるようになっているってことですね!屋根がちゃんとついていますので、傘を広げずに観光できます。

雨の日のバナナワニ園のワニ

いました!ワニです!

クロコダイル科のワニのようです。ナイルワニという種でアフリカに生息するワニですね!

ちなみに、ワニのいるこの池は「熱川温泉」のお湯を引いているそうで、水温は25度くらいに保たれているそうです。

ワニも毎日温泉に入れていいですね!

雨の日のバナナワニ園のワニ

えさの時間が来ました。ワニたちが、よそよそと集まってきます。

えさの時間は決められていて、今回は午後1時に時間のえさやりを見ました。

バナナワニ園のワニの餌やり

ナイルワニ。口の中にほおばっているのは鶏肉。

よく噛まずに飲み込みました!すごい迫力でしたよ!バナナワニ園に来たら必見のイベントです!

バナナワニ園のフライングケージ

こちらはフライングゲージ。ゾウガメ、フラミンゴなどがいました。

フラミンゴのゲージ。

バナナワニ園のゾウガメ

そしてゾウガメ!でかい!

これで一通りの分園の紹介は終わりです。ただ、これで分園ですから本園はもっとすごいですよ!

バナナワニ園 分園 カフェ

バナナワニ園のカフェ

熱川バナナワニ園の分園にあるカフェです。パフェやアイスクリーム、トロピカルジュースなどがいただけます。

また食事もできます。カレーやピザなどが楽しめるグルメがそろっています!

バナナワニ園のカフェのおススメ

こんなボリューミーなフルーツを一度は食べてみたいです!絶対おすすめですね!

キングオブファイターズのキャラとコラボしたグルメもあります!

ファンにはたまらんでしょうな!八神庵、草薙京など人気キャラとコラボしていました!

最近、こういうコラボが流行っていますが、なぜバナナワニとKOFが・・・

バナナワニ園 分園 お土産

ついに来ましたお土産屋さん!

バナナワニ園でしか手に入らない商品が盛りだくさんです!ちなみに、本園にもお土産屋さんがありますが「分園限定」があるので、お土産買うなら分園で!

そのくらい充実しています!

バナナワニ園のワニのぬいぐるみ

定番のワニのぬいぐるみですね。かわいいですね~!

バナナワニ園のレッサーパンダのぬいぐるみ

今回は紹介しませんでしたが、レッサーパンダもいるんですよ!

静岡には日本平動物園もあり、レッサーパンダはかなりの飼育数を誇っています!レッサーパンダと言えば静岡、的な感じですかね!

バナナワニ園のお土産

Tシャツや手ぬぐい、マグカップや皿などが売られています。

バナナワニ園のTシャツ

ワニTシャツはなかなかの人気らしいです!

バナナワニ園のワニのビニールフィギュア

リアルなワニのビニールフィギュア。これは子供は喜びますよ!うちの息子も買いました。

バナナワニ園のお土産屋さん

店内にはお土産がたくさんあるので、ぜひ色々と楽しんで買い物をしてください!

>>道の駅「伊東マリンタウン」でお土産選び

バナナワニ園の駐車場

お土産屋さんの向かいにはバス乗りががあります。ここからバスで本園に向かうことができます。雨に日でもへっちゃらですよ!

スポンサーリンク

バナナワニ園 雨の日 本園へ

さて、分園を満足に見てきましたが、本園はここから!

雨の日でもマイクロバスが10分おきに分園と本園をつないでくれています。もちろん無料です。ですので、いちいち車で移動しなくてもだいじょうですよ!

バナナワニ園の分園と本園をつなぐバスの中

バスにのって移動しています。バスの中では「熱川ばにお君」が案内をしてくれていて、おもしろかったです。

バナナワニ園の本園

こちらが本園の入り口です。ちょっと年期が入っています。

向こうにみえるのは植物園です。

いや~、雨が降っていますね!でも全く問題なかったですよ!

バナナワニ園のワニの仲間カイマン

出ました!水中仁王立ちのワニ!カイマンの仲間です!

そして水面リフレクション!

天井にワニ

天井にもワニの池が!こんな光景はここでしか見れません!

天井にメガネカイマン

ワニを下から見るなんて、初体験です。メガネカイマンの子どもです!

ワニも恥ずかしいでしょうね、下から見られて・・・

こんな感じの洞窟っぽく作られています。

バナナワニ園のワニを間近で見る

ワニは目と鼻を空気中に出して、じーーーーっとしています。

どのワニもこの姿勢を崩しません!

ワニの牙

ワニの牙です。鋭い!!

世界のワニの分布図

ベロベロにはがれていますが、ワニの世界分布地図です。

やっぱり熱帯地方に多いですね。

世界にはクロコダイル科、アリゲーター科、ガビアル科と3種類のワニがいます。

爬虫類の系統

ワニはヨロイ竜に近い存在です。爬虫類の進化の過程で生き延びた種の一つですね。

>>恐竜県で有名な福井の博物館紹介

バナナワニ園のワニのアリゲーター

アリゲーター科のワニです。

この態勢でホントにじっとしていて動きません。もうちょっとサービスしてもいいんじゃない?ワニさん!

バナナワニ園のドクターフィッシュ

ドクターフィッシュの体験もできます!

ドクターフィッシュとは皮膚から出た老廃物をパクパク食べてくれてキレイにしてくれます。

老廃物が多ければ多いほど集まってくるそうですよ!

バナナワニ園のドクターフィッシュ

魚が集まってきました!ドクターフィッシュはコイの仲間だそうです。

バナナワニ園のお土産屋さん本園

ここが本園のお土産屋さんです。分園とほぼ同じものが売られています。

バナナワニ園に来た有名人の色紙

いろんな有名人がバナナワニ園に訪れていますね!

バナナワニ園の休憩所

ここが休憩ポイント。売店ですね。バナナワニ園で疲れた体を癒す美味しいものがありますよ!

トロピカルジュース

トロピカルマンゴージュースといちごバナナジュースです。

濃厚でおいしい!バナナワニ園で育てたバナナを使用しているようです!

スポンサーリンク

バナナワニ園 本園 植物園

さて、ここからは本園の植物園にいきます!

バナナワニ園の植物園ハイビスカス

ハイビスカスです!真っ赤な花がとてもきれいです。

バナナワニ園の植物園お花の門

お花の門です。植物に囲まれていると落ち着きます。

しかも中は暖かい!

バナナワニ園のマナティ

そしてマナティ!

バナナワニ園のマナティ

でかい!そして優雅に泳ぐ!

バナナワニ園にはこういうマスコットがいるのが子供を楽しませてくれますね!

バナナワニ園の記念撮影スポット

撮影スポット!記念撮影にいかがですか?

バナナワニ園の珍しい植物マドガラス

マドガラスという植物があるんですね。葉っぱに穴があいています。

バナナワニ園のスイレン

スイレンの温室です!これはすごい立派!

バナナワニ園のスイレン

きれいな色でいい香りも漂います!

バナナワニ園の水連

バナナワニ園のスイレンは人気のスポットの一つです!

バナナワニ園のオオオニバス

オオオニバスの池です。

バナナワニ園の植物園

なんと人が乗れるそうです!100kgまで耐えれるそうですよ!

知らなかった!!

いろんな植物を見ることができて、とっても気持ちが良かったです!

施設内からの景色。雨が降っていたんですね。。。また忘れてました。

バナナワニ園の植物園洋ラン

バナナワニ園、植物園の最後のスポットの洋ラン。

ここも撮影スポットですね!

スポンサーリンク

バナナワニ園 まとめ

いかがでしたでしょうか?

東伊豆の昔ながらの温泉街「熱川温泉」にあるバナナワニ園の紹介でした。

バナナワニ園の魅力は何と言っても

「ワニの種類の豊富さ」
「ワニの展示の仕方」
「植物園の充実」

ですかね。子どもが爬虫類に興味があるのであれば、絶対におススメのスポットですし、カップルや夫婦で行くと、楽しめる施設です!

そして、回る順序は・・・

分園→食事→ワニの食事→本園

これです。本園の方が広くて楽しいし、分園ではワニの食事が見れます。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

合わせて読みたい記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました