お金持ちが絶対しないこと!貧乏な人に当てはまる特徴とは!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金持ちが絶対にしない思考と行動、貧乏な人の特徴

予備校で講師&学習アドバイザーをしている冒険者です。

今回はお金持ちが絶対にしない考え方や思考や行動について書いていきます。

僕自身、予備校講師をして大学受験のサポートをしていますが、家庭とのつながりも密になるので、正直、色々とその子供の家庭状況まで見えてしまうことがあります。

大学受験は非常にお金がかかるため、金銭的な話しになることが多く、どうしても家庭環境や収入のところも感じ取って話をしなければならないのです。

そこで今回はお金持ちが絶対しない考え方!という大それたことを書いていきます。

・お金持ちの人の考え方って?
・お金持ち・貧乏の人には特徴があるの?
・どのくらいの収入があれば幸せなの?

こんな感じの事を書いていきます。お金に興味がない人はいないと思いますので、ぜひ最後まで読んでください!

スポンサーリンク

お金持ちが絶対しない思考

お金持ちが絶対しない思考

では、お金持ちが絶対にしない思考や行動は一体何なのでしょうか。

一つ一つ特徴を見ていきましょう1

お金がないのは他人のせい

お金がない人は、そのお金がないことを他人のせいにします。つまり、お金がないのは自分が悪いのではなく、他に理由がある!と思っているということです。

大きい範囲での話で言うと、お金がないのは国や政治、社会の仕組みが悪いと思いこみ、自分を棚に上げブツブツ国や政治に文句を言っている人です。

身近な例でいうと、お金がないのは会社が悪いと思っていのです。

とにかく、他人に対してネガティブな考えを持っています。

他人のせいにする人の特徴
・噂話がやたら好きで、他人の批判は大好物!
・しかし、自分は人からの批判をやたら気にする!

お金持ちの人は、こういった批判や噂を一切気にしていません。気にするのは時間の無駄としっているからですね。

お金持ちは「自分がどうか」しか考えていないので、他人のせいにはせず、噂や批判を気にせず、自分と向き合うことができるんです!

セルフマネジメントができない

セルフマネジメントとは「夢や目標に向かっていく自己管理能力のことで、自分自身をコントロールできる能力」のことを指します。

お金がない人は、自分のおかれた状況や状態を冷静に分析できないのです。

例えば、今の会社が自分にとって成長もできず給料が上がらないとしましょう。そしたら、転職や部署変えを希望しますよね。

しかし、お金がない人は失敗することを恐れたり、現状維持を好みますので、変化をしようとはしないのです。

セルフマネジメントができない人の特徴
・変化を嫌い、現状維持を守っていく
・チャンスに行動ができない

変化がない方が人間は楽です。また、人間は変化を受け入れられない思考が働きます。

お金持ちは失敗を恐れずに、ドンドン自分自身を変化をさせることが大切とわかっているのです。

自分には学ぶことはない、と思っている

お金がない人は学ぼうとしません。自分からも他人からも学ぼうとしない特徴があります。

新しいことに興味がなければ、知恵や創造はできません。仕事でも今のままが楽なので、新しいシステムを導入することですら嫌います。

ですから、いつまでも収入が上がることもなく、自分から副収入を得ようともしないのです。

また、本は最重要な学びのツールになりますが、自分から本を読み新しい知識を得ようとしていません。

むしろ、テレビやYoutubeなど受け身な情報に偏っている傾向にあります。無料で入る情報と有料で入る本などの情報とでは、情報の質に雲泥の差があります。

自分には学ぶことがないと思っている人の特徴
・新しいことを学ぼうとしない。
・受け身の情報に偏りがあり、質が低い情報しかない。

・本を読まない

お金持ちは、本を読むことで知見が膨らむことを知っています。本は最強の学びのツールです。

スポンサーリンク

お金持ちが絶対にしない行動

お金持ちが絶対にしない行動

生活が雑でテキトー

仕事ができない人に私生活が雑でテキトーな人が多いのはご存じですよね。

デスクにはモノがあふれ何がどこにあるかわからない人や、時間にルーズで寝坊が多かったり、夜更かししていたりと、生活が乱れている人が多いです。

恐らくその人の部屋もモノが多く、整理整頓ができないと安易に想像ができます。

しかも食事はコンビニやカップ麺が多いのも特徴です。また、ごみがたまっていたりするかもしれないし、健康的な運動も一切しない。

時間にルーズな人はお金にもルーズ、というのはよく言われています。

生活が雑でテキトーな人の特徴
・整理整頓ができない(仕事場も部屋も)
・健康に気を使えていない(食事や運動)
・時間にルーズ

お金持ちの家を想像しいてみてください。モノが少なく整理整頓されている、広々とした部屋が想像できませんか?

それは生活がしっかりできている証拠なのです。

群れて行動をしている

お金がない人は群れて行動をしています。群れることで、自分の居場所や心の安心を得ているようです。

群れていることが悪いことではないのですが、お金持ちは群れて行動するデメリットをよく知っています。

人に合わせるから疲れる、時間の無駄、お金がかかるなど、群れると自分の安心感以上に失うものが多いのです。

また、群れると思考停止になります。自分で決めなくても相手が決めてくれるので、楽だし責任もありませんね。

群れて行動する人の特徴
・みんなといると安心する
・相手に合わせているので、自己決定ができない優柔不断

「ぼっち」の人はすべての行動が自由です。そのため、すべての行動の責任が自分にふりかかります。そうすることで、自己決定能力が高まり責任能力も高まります。

お金持ちは友達を選んで、自分を成長させてくれる人としか付き合わないのですね!

スポンサーリンク

お金持ちと貧乏の線引きは?

お金持ちと貧乏の線引きは?

では、ここまでお金持ち、お金がない人の思考や行動の特徴について解説してきましたが、一体どれくらいからお金持ちとお金がないと区分けできるのでしょうか。

実は、お金がないと感じている人のほとんどが「他人との比較」でお金がないと感じているのです。

比較する相手がどのような人かで、お金がある・ないを判断しているのです。ですから、自分で作り出した妄想からくる嫉妬が原因だといえます。

お金持ちと貧乏の線引きは・・・
「自分と比べる相手が、どのくらいの年収を持っているのか?」によって変わるもの。自分の中で線引きをしている!

しかしながら、お金持ちとお金がない人というのは、やっぱり思考や行動に差があり、その差が収入の差となって線引きがされてしまうのですね。

同じ環境や同じ会社で働いていても、出世する人や生産性が高い人は、お金が入ってくる思考や行動をとっているからですね!

スポンサーリンク

お金持ちが絶対にしない思考や行動 まとめ

お金持ちが絶対にしない思考や行動のまとめ

いかがでしたでしょうか?

お金持ちが絶対にしないことをまとめてきました。そして、お金持ちとお金がない人の線引きは自分で決めていることもまとめてきました。

実際に、幸福度が一番高い年収は600~700万だそうです。年収1000万を超えると幸福度は下がるとも言われています。

ただ、もっとお金がほしい!稼ぎたい!というのは、世の中の人のほとんどが思っていることですので、これらの内容を参考にしてもらえたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

合わせて読みたい記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました