【静岡キャンプ場】グリーンビレッジ川根はプール&川で楽しい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

静岡県島田市のキャンプ場「グリーンビレッジ川根」に行ってきました!

大井川沿いにはいくつもキャンプ場がありますが、なかなか数が多すぎて決めきれない、という人はぜひこのブログを参考にしてもらいたいです。

・大井川沿いのキャンプ場でおすすめは?
・子連れキャンプでどこか良い場所はない?
・施設がキレイでアクセスが良いキャンプ場は?

グリーンビレッジ川根は、こんな疑問や要望にお応えできるキャンプ場です!家族で友人でカップルで楽しめる超おススメキャンプ場になっています!

どんなキャンプ場かを詳しく解説しますので、ぜひ最後までご覧ください!

ではさっそくいってみましょう!

スポンサーリンク

グリーンビレッジ川根

それでは静岡県島田市の大井川沿いにあるキャンプ場「グリーンビレッジ川根」の詳細を解説していきます。

写真もたくさん掲載しています(8月のとある日に行きました)!

アクセス

まずはグリーンビレッジ川根へのアクセス方法です。

大井川沿いにあるキャンプ場で、一番アクセスがしやすいキャンプ場です!とにかく国道や高速道路から近い場所にあり、めちゃくちゃアクセスしやすいのです!

【マップで確認】

県道64号を北上していくと、右手に案内が出ています。

キャンプ場に入る入り口がとても狭い道ですので、大きい車で行く場合は注意してください!

宿泊料金

グリーンビレッジ川根のキャンプ場の宿泊料金をまとめておきます。そこそこ宿泊代はしますが、それだけの施設と対応がありました!

・オートキャンプ:7000円(4名まで)
・AC電源サイト:8000円(4名まで)
・手ぶらキャンプ:12000円(4名まで)
・コテージA:28000円(6名まで)
・コテージB:20000円(4名まで)
・バンガロー:13000円(4名まで)
・トレーラーハウス:12000円(4名まで)
・コンテナハウス:13000円(4名まで)
・小屋:10000円(4名まで)
・ゲル:12000円(4名まで)

こんな感じですね。参考にしてください。

周辺観光 「温泉・道の駅・大井川鐡道」

グリーンビレッジ川根のキャンプ場の周辺には、色々なスポットがあります。いくつか紹介しますので、立ち寄りスポットお土産の買い物にお役立てください。

【道の駅掛川】

道の駅掛川は国道1号線沿いにある道の駅です。地元でとれた新鮮な野菜やBBQの食材、地方から取り寄せた食材など、何でも揃う道の駅です。

道の駅掛川の詳細はコチラ!
>>道の駅掛川HP

【川根温泉ふれあいの泉】

グリーンビレッジ川根からさらに北上すると川根温泉にたどり着きます。

大井川鐡道沿いですので、運が良ければSLや機関車トーマスを見ながら温泉に入ることもできますし。子供も喜ぶプールもある施設です。

温泉や大井川鉄道の詳細はコチラ!
>>川根温泉ふれあいの泉公式HP
>>大井川鐡道トーマス号

【大井川鐡道「湖上駅」「寸又峡】

大井川鐡道は秘境を通る路線です。その奥地に「奥大井湖上駅」というのがあり、非常に神秘的な駅があるのです。また寸又峡という渓谷も魅力的です。

こちらは別な記事で詳細を書いていますので、キャンプ場の寄り道スポットとして参考にしてください!

大井川鐡道の湖上駅、寸又峡の詳細はコチラ!

キャンプ場予約

グリーンビレッジ川根のキャンプ場の予約は公式HPから予約をしてください!電話でもできますが、ネット予約が便利でいいですね。

>>グリーンビレッジ川根予約はコチラ!

念のため電話番号も載せておきます。

グリーンビレッジ川根の電話番号
090-3938-8015

グリーンビレッジ川根 施設案内

cottageA

それではグリーンビレッジ川根のキャンプ場内をみていきましょう!

敷地の中に色々な施設があるので、ぜひ参考にしてください。

管理棟

まずは受付の管理棟です。入り口で受付を済ませて場内に入ります。

支払いは前払いになっています。ちなみにPayPayが使えます!

上の写真が管理棟です。キャンプ場の中心に管理棟があります。

管理棟
・ビールやジュース、薪などの販売
・ゴミ捨て場(200円払うと自由に捨てれる)
・レンタル品の貸し出し

管理人さんが3名程度在中していますが、皆さん親切で丁寧でした!

キャンプサイト

こちらは管理棟前にあるキャンプファイヤーができる広場です。花火をやるときにはここでやります。

こちらは東側キャンプサイトです。バンガローやコンテナハウスも東側にあります。

バイクの人もけっこういましたね。

こちらは西側のキャンプサイトです。僕の本日の陣はここに貼りました。

ちなみに地面は芝生ですが、地面がめっちゃ固いのでペグを打つのに一苦労でした。ほとんどの人がペグを最後まで打てずに浮いた状態でした。

でも僕のテントはペグは最強なのでしっかりと固定できました。
僕がつかったペグは「スノーピークペグ」ですので、どんな地面でもキッチリと固定します。

テントを購入した時についている安物のペグでは絶対に打てません。日本製のスノーピークペグはどんな地面でも打てるのでおすすめです!

ドッグランエリアです。

犬を連れてのキャンプをしている方にとっては必需のエリアですね。この日も何組か犬と一緒にキャンプを楽しんでいました!

こちらはBBQ棟です。

宿泊した人には無料で貸し出ししているBBQ棟。食材だけ持ってくれば道具は不要!というわけですね。初心者や学生などには嬉しい施設ですね!

炊事場 トイレ シャワー室

さて続いては、施設の詳細を紹介します。

まずこちらは炊事場。表と裏で8個の蛇口がある炊事場です。浄水器もついていたので、安心して飲み水としても使えます。

こちらはトイレ&シャワー室です。

トイレも管理人さんがとてもきれいにしてくれているので、気持ちが良かったです!

シャワー室はこんな感じ。

5分で200円!シャワー室にはシャンプーとリンス、そしてボディーソープもついています!二人で使ってもいいので、僕は子供と一緒にシャワーを浴びました!

コテージ&ゲル プールサイド

グリーンビレッジ川根にはキャンプサイトだけではなく、コテージやゲルもあるのです!

そして、そのコテージやゲルはプールを囲むように配置されていて、朝から晩までプールに入りたい放題!と、子供にとっては最高の遊び場になっています。

こちらがコテージのそばにあるプールです。子供たちも大はしゃぎでプールにいきました!

コテージには色々と完備されているので、本当に手ぶらで来てもOKなのです!

エアコンはもちろん、冷蔵庫、寝具、キッチン、トイレ、お風呂、なんでも揃っています!グループや家族にはめちゃくちゃ良さそうです!

なかなかセンスのあるオブジェもありました!この口から放水されるのです!

プールサイドにはハンモックもあります。なんだかリゾート気分を感じた気分になれました!

ちなみに、夜になるとこんな感じです。

夜もプールに入ることができますよ!この日も涼みながら足だけプールに浸かってお話をしているグループがいました!

川遊び

プールだけではなく、自然の中で遊べる川も近くにあります!

身成川、という大井川の支流があって、そこはとてもきれいな水が流れています!

キャンプ場内にある土手を登って河原までいきます。歩いて1分です。

コチラが身成川です!浅くて小さい子供でも楽しめる場所ですよ!

スポンサーリンク

グリーンビレッジ川根 夜のお楽しみ

では、キャンプの醍醐味である夜のお楽しみを紹介します!

グリーンビレッジ川根ではシーズン中はほぼ毎日キャンプファイヤーをやってくれているそうです!

その夜のお楽しみを紹介します!

キャンプファイヤーと花火

まずはキャンプファイヤーからです。

管理棟の近くにキャンプファイヤーができる場所があります。シーズン中は毎晩、キャンプファイヤーを管理人の方がやってくれます。

この日も多くの人がキャンプファイヤーの周りを囲っていました!

けっこう豪快にファイヤーしてくれます!何だか小学生の宿泊活動を思い出しました。

うちの子たちは花火をしています。キャンプファイヤーができる管理棟の前では、花火もOKなのです。

バケツも管理人さんが準備してくれていて、何から何までお世話になりました。

打ち上げ花火もOKです。とっても楽しく夜を過ごせました!

吊り橋のイルミネーション

さて、グリーンビレッジ川根のキャンプ場にはもう一つの夜のお楽しみがあります。

それは吊り橋イルミネーションです!

こちら、昼間は何の変哲もない吊り橋でしたが、夜はイルミネーションでライトアップされるのです!

吊り橋を渡って何があるわけでもないのですが、こういうものがあるのは管理人さんのこのキャンプ場への想いを感じますね。

本当に良いキャンプ場でした。

スポンサーリンク

グリーンビレッジ川根 まとめ

いかがでしたでしょうか?

グリーンビレッジ川根のキャンプ場の紹介をしてきましたが、本当に管理人さんが親切で丁寧で頑張っているキャンプ場だと思いました。

今回のキャンプでは初めて管理人の凄さを実感した気がします。

このグリーンビレッジ川根のキャンプ場を盛り上げようと、色々な工夫とおもてなしを感じることができて良かったです。

今度はコテージに泊まってみたくなりました。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

合わせて読みたい記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました