【福士川オートキャンプ場】山梨県南部町の自然豊かなキャンプ場!

スポンサーリンク
福士川オートキャンプ場、山梨県南部町

山梨県南部町にある福士川オートキャンプ場へ行ってきました!

今回は趣味の一つであるキャンプについての記事です。福士川オートキャンプ場の紹介をしていきます。

人気のキャンプ場、というわけではないのですが、のどかで川のせせらぎを聴きながらのんびり過ごせるキャンプ場です。

・川の近くでキャンプしたい
・静岡と山梨のキャンプ場で穴場スポットを知りたい
・キレイに整備されたキャンプ場に行きたい

こんな方におススメのキャンプ場になっています!行ってみた感想や、設備などを紹介しながら福士川オートキャンプ場の魅力を伝えられたらと思っています!

ぜひ最後までご覧ください!

ではさっそくいってみましょう!

スポンサーリンク

福士川オートキャンプ場

まずは福士川オートキャンプ場のアクセスから紹介していきます。

アクセス・宿泊料金

【マップで確認】

中部横断自動車道「富沢IC」より車で5分程度です。アクセスは抜群に良いキャンプ場ですよ!

【住所】
〒409-2102 山梨県南巨摩郡南部町福士15691-1

【電話番号】
0556-66-2272
※キャンプ場予約は電話のみ受付しています

福士川沿いの、本当に静かな場所にあります。近くには「道の駅とみざわ」「道の駅なんぶ」「ローソン」「スーパーマーケット味都市場」などがあります。

地元の食材を頂くのもいいかもしれませんね!

>>山梨県南部町の公式HP

料金プラン

1区画(1泊):5000円
デイキャンプ:2500円

【レンタル用品】
テント:3000円 マット:300円 ランタン:1500円 タープ:1500円 薪&炭:500円 鉄板:500円
 などなど

手ぶらでキャンプも楽しめちゃいます!ただし、食材は各自で用意してくださいね!

福士川オートキャンプ場 周辺観光

福士川オートキャンプ場の周辺には観光名所がたくさんあります。山梨と静岡の県境なので、どちらにもアクセスが良いんです!いくつか紹介したいと思います。

食のテーマパーク「道の駅なんぶ」の公式サイトです。
食のテーマパーク「道の駅なんぶ」

「道の駅なんぶ」です。こちらは山梨の名産品や地元の野菜などが売られています。もちろん食事もできます!

休憩所、お土産などに大変良いスポットです!

https://www.kuonji.jp/

こちらは身延山久遠寺。日蓮宗の大本山となり、日蓮大聖人が祀られている場所です。

山梨屈指のパワースポットですので、ぜひ訪れたいですね。

静岡市三保松原文化創造センター「みほしるべ」 - 三保松原
雄大な富士を眺望することができる類い希な名勝・三保松原。世界文化遺産でもある三保松原に関連する文化を創造し、三保松原の価値や魅力を発信する、静岡市三保松原文化創造センター「みほしるべ」が2019年3月30日にオープン。

世界文化遺産に登録された三保の松原です。静岡市清水区にあり、中部横断自動車道で東名清水ICまでは30分程度で行けます。

静岡まで足をのばしてもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

福士川オートキャンプ場 施設紹介

それでは、ここからは福士川オートキャンプ場の施設を写真付きで解説していきます!

僕が訪れたのは5月末で、一番キャンプには最適な時期に行ってきました!

キャンプ場内

福士川オートキャンプ場、山梨県南部町の受付

まず、こちらは受付です。場所は、非常にわかりやすい場所でしたので、迷わず来れました。

最初に行った時には管理人さんが受付で待っていてくれて、とても親切に案内してくれました。

最初にレンタルしたいものや購入したいものがあれば、その時に伝えた方がいいと思います。

福士川オートキャンプ場、広場サイト

こちらが「広場サイト」です。地面は砂利で綺麗に整地されています。

テントを張るときに一番面倒な土や泥がつきにくい砂利は、快適にキャンプをすることができますよ!

福士川オートキャンプ場、林間サイト区画

こちらが「林間サイト」です。良く整えられた杉の木に囲まれてキャンプをすることができます。

夏の暑い日差しを避けてくれるので、夏場は林間サイトがおすすめですね。

ちなみに、1区画の広さは「約60㎡~70㎡」というちょっと狭い感じ。テントとタープを貼って車を止めたらスペースは残らない感じです。

林間サイトより広場サイトの方が少し広く場所を取れます。

今回はコロナウィルスの影響で、人数制限をしてくれたので広々と使わせてもらえいました!

福士川オートキャンプ場、炊事場

こちらが炊事場。4つ水道があります。炊事場はここだけです。夕食時になると、ちょっと混雑します。

福士川オートキャンプ場、薪販売

炊事場のとなりに薪や炭の販売をしてくれます。管理人さんがたまに見回りに来ますが、最初に必要な人は受付で言った方がいいですね。

福士川オートキャンプ場、トイレがきれい

こちらがトイレです。このトイレがメチャクチャ綺麗!洋式と和式があり、子供用の小便器も外についていて、何だかとても安心して用を足せました!

キレイに掃除してくれている管理人さんのおかげですね。良いキャンプ場は良いトイレがある!ということです。

福士川オートキャンプ場、井戸水

こちらは、山からくみ上げた湧き水をポンプを使ってくみ上げるものです。

ミネラル豊富なおいしい水がいつでも汲めるということです。この水で炊事をしましたが、何だかおいしくできた気がしました!

スポンサーリンク

福士川オートキャンプ場 川遊び

福士川という川は、富士川の支流でとてもきれいな川です。

そんな福士川の川の様子を見ていきましょう!

まず、福士川オートキャンプ場の広場サイトの奥に川へ通じる道があります。オートキャンプ場自体が川沿いなので、30秒で川に入れます!

福士川オートキャンプ場、川遊び

こちらが川への入り口からの眺めです。ちゃんと階段が整備されています。

福士川オートキャンプ場、川遊び

こちらが福士川です。滝のような箇所があり、ここは「飛び込みスポット」になっています。

福士川オートキャンプ場、川遊び

いや~、きれいな水ですね!しかも冷たくて気持ちいい!

本格的な夏場になれば、やんちゃな子供たちが喜びそうな遊び場になりそうです!

福士川オートキャンプ場、中部横断自動車道

福士川の下流への眺めです。道路が見えるのは「中部横断自動車道」です。

福士川オートキャンプ場

こちらは福士川の上流への眺めです。

福士川オートキャンプ場、川遊び

川にはたくさんの魚や虫が捕まえられます!

うちの子たちも張り切って捕まえていました!小さな虫取り網でも十分に魚を捕獲することができます!

福士川オートキャンプ場、魚

時期的におたまじゃくしの時期でした。たくさんおたまじゃくしを捕まえてくれました。が、もちろんすぐに逃がしました・・・

スポンサーリンク

福士川オートキャンプ場 広場サイト

今回、僕たちは福士川オートキャンプ場の広場サイトに陣を構えました!

広場サイトの方が、区画が広く川に近いのでそこを取りました。

福士川オートキャンプ場、広場サイト区画

こちらが、僕たちの陣です。人目を遮るようにタープを張り、テントをその脇に設置しました。

横長の区画でしたので、こうするしかなかったのですが、なかなかいい配置になりました。

タープの奥側に炊事場を作り、川を眺めながら過ごせるのが魅力的ですよ!

福士川オートキャンプ場、広場サイト区画、テント

こちらは逆サイドからの写真です。

タープで完全に視界を遮ることで、家族のスペースを確保することができました!

今までは、だいたい縦長の区画でしたので、タープの横にテントの配置は初めてやりましたが、良かったです!

福士川オートキャンプ場、花火

夜は花火を楽しみました!

直火は禁止でしたが、花火はOK。ゆっくりとした夜を過ごすことができました。

夜になるとキャンプ場はほとんど川のせせらぎの音しか聞こえず、癒し効果抜群の環境でゆっくり眠ることができましたね!

スポンサーリンク

福士川オートキャンプ場 まとめ

いかがでしたでしょうか?

山梨県の南部町にある福士川オートキャンプ場の魅力をお伝えしてきました。

山梨と静岡の境にあるキャンプ場で、中部横断自動車道の富沢ICから車で5分というアクセスの良さと、自然が豊かで川遊びもできるキレイな設備が整ったキャンプ場です。

参考にしてもらえたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

合わせて読みたい記事

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました